2015-08-20

文殊さん定期報告454
★祭まであと3日!
★米軍基地、隠しても音は消せない!
★軍属の事故、ドライバーが直接謝罪!
★自衛隊、島津、工事は進む!

本日8/21(金)で、米軍基地工事開始から452日目(1年と87日)、レーダー搬入より305日目、本格稼働239日目に入りました。

今朝も小雨、文殊さんの境内に咲いた百日紅(サルスベリ)の赤が目立ちます。
九品寺本堂の前に祭の設備が出てきました。本番まであと3日です。

それにしても防音フェンス、基地を隠すためだけということがいよいよ明確になってきました。レーダーサイトの音は本堂ではどうにもしてみようのない程の騒音です。

国道沿い東側の資材置き場には、黒っぽい大量の資材が搬入されています。次は何をされるのか。

8/7に起こったシェネガのワゴンの事故ですが、被害を受けた方が「当の運転者の謝罪がないとはどういうことか!」と立腹されているという事はお伝えしましたが、先日その当人さん(2人)を引き連れて司令官自ら謝罪に来られたそうです。
誠意は十分に感じた、しかし、当初中に入った防衛局(現地連絡所)の対応はきわめて無責任であったということを言っておられました。
その具体的な内容も聞きましたが、防衛には住民と米軍との直接対話をとにかくさせまいという基本姿勢がありありと見えます。

自衛隊の工事は、搬入された土の山がいよいよ大きくなり、黒い土はほとんど無くなりました。参道側はごっそりと削られています。

島津の工事、建物の杭打ち、コンクリート打ちなどの作業が進められています。

平和菜園では生き残りの豆に花が咲きました。

8/21(金)朝

Original post in Facebook