2015-09-07

文殊さん定期報告472

★防音フェンスは当分そのまま。
★嵩上げ分は強風には外す。
★囲い込みの松は伐りません。
★一般質問、9日・10日。

本日9/7(月)で、米軍基地工事開始から469日目(1年と104日)、レーダー搬入より322日目、本格稼働256日目に入りました。

今日も雨模様の一日です。

基地関係でいろいろと気になっていることを当局に問い合わせてみました。
まず騒音関係についてですが、防衛局の企画室長さんによると、
境内側の防音フェンスは、祭用ということで設置したが、米側と調整して当分の間残しておくこととした。少しでも防音効果があればというのがその理由です、風等については、今後の状況を見て考えますとのこと。
「全然防音効果は無いし、あれでは大切な海が見えません。」と伝えました。
発電機の嵩上げ分については「8/25は強風対策で外した」ということ。
「あそこは台風でなくとも強烈な風の吹くところだが、その度に外すのですか、それでは防音設備の意味が無くなりませんか」と聞くと、「状況を見て今後考えます」とのことでした。
因みに、この防音フェンスと嵩上げフェンスの費用は日本側の負担ということです。
レーダーサイトからの音の問題は、米側で排熱の省音化などを検討中(いつまでかかるかは未定)とのことでした。
4/21に出した「憂う会」からの質問状については、現在検討中なので申し訳ないがもう少し待って欲しいと言われるので、「もう4ヶ月も待ってますけど・・、その回答も含めて住民説明会をやってください」というと明確なご返事はなしでした。とにかく、対応が遅くずっとこんな感じが続いています。

自衛隊工事の例の囲いこまれたクロマツですが、これも防衛局のこちらの担当部署(土木調整課)に聞くと、「業者からの要望で盛り土工事に都合のいいようにフェンスを移動させたが、伐採はしない。」ということでした。傷つけて枯れたりしないように十分に気をつけてくださいと要望をしておきました。あの敷地全体は段にはならずほぼ同一の面になるとの事でした。

明後日の9/9より議会は一般質問です。9日と10日の二日間で13名の議員さんが質問に立たれる予定です。米軍基地関係については、9日に共産党の田中議員と森議員がそれぞれやられますが、その他の会派・個人からはこの件に一切質問がありません。「住民の安全安心」に関わる問題が山積の中で、今の現状をどのように考えておられるのか。極めて無責任な姿勢と言わざるを得ません。
基地対策特別委員会も予定が無いようです。

9/7(月)午後

Original post in Facebook