2015-09-17

文殊さん定期報告483

★戦争法案、ゴリ押し!!
★基地、騒音益々盛ん!
★自衛隊、着々と工事!
★島津工事、5棟目のケージも登場!

本日9/18(金)で、米軍基地工事開始から480日目(1年と115日)、レーダー搬入より333日目、本格稼働267日目に入りました。

安倍政権と与党が戦争法案の強行採決をやる(つもりの)日の夜が明けました、
今朝の文殊さんは曇りです。

圧倒的な国民の声を無視して、安倍政権は今日何が何でも戦争法案を通すとのことです。憲法を守るべき特別の義務を負っている(99条)安倍さん以下の与党議員は、その憲法を踏みにじる暴挙を今日やろうとしているわけです。
思えば、84年前1931年の今日9/18に柳条湖事件が関東軍によって起こされて満州事変が勃発、日本は15年戦争に突入しました。関東軍は議会も天皇も無視してこの暴挙を行い、日本国民を泥沼の戦争に引きずり込んで1945年の敗戦無条件降伏までこの国は狂気の行為を続けたわけです。
安倍さんは柳条湖事件を画策した当時の関東軍参謀の石原莞爾や板垣征四郎のような気分に浸っているのでしょうが、その先に同じものが待っているのが分かっていないようです。歴史に学べない愚かな者の姿を彼とその賛同者に見ます。

ですが、当時と違って国会前にはまともな人々の群れが連日押しかけています。全国津々浦々でその声がますます大きくなっています。これこそが真の国民主権、民主主義の姿です。一時の暴挙に歴史の鉄槌が下るのは遠くないと思います。明日からもこの声はより強くなります。

この文殊さん定期報告もその浦々の声の一つになればと日々アップさせていただいています。

米軍基地は、今朝も相変わらずにうるさい音を発しながら稼働しています。
自衛隊工事も休むこと無く続けられています。
島津では、5棟目のケージも建ち上がりました。

我々住民の安全・安心を放置したまま、戦争のためのものだけがこうして作られていきます。戦争法案の最前線がここにあります。
そのリアルな姿を文字と画と声にして、私たちは質し続けます。
愚かな方々に去っていただくまで。

9/18(金)朝

Original post in Facebook