2015-10-02

文殊さん定期報告499

★自衛隊フェンス、被害深刻!
★米軍、メイン警告板はお粗末な修復!
★基地内はいろいろ整備!
★今日は京都で現地報告!!

本日10/3(土)で、米軍基地工事開始から495日目(1年と130日)、レーダー搬入より348日目、本格稼働282日目に入りました。

今朝は穏やかな天気になりました。

倒壊した自衛隊工事の西側フェンスは簡単には修復できそうにないようです。週間予定表も吹っ飛んだままになっています。辛うじて倒れなかった国道側のフェンスに補強の支柱が付けられていました。工事の安全に関わることですが、復旧には時間がかかりそうです。
土の搬入工事はやられたようで昨日より山が相当大きくなっています。

米軍基地のメイン警告板は、張られていた「警告 在日米軍基地」の紙を修復することができず、金網のあちこちに付けられている「WARNING」のパネルが張られて復活していました。取りあえずの応急処置なのでしょうが、実に安っぽい。これでは立入禁止の根拠条文も分かりません。
風で乱れた防音シートは今朝もそのままの姿でした。似たようなことが続くとこのシートも破れたりしてくるでしょう。
基地内では坂道のタンクの傍に新しい設備ができ、崖際には赤いランプの警告灯のようなものが増設されました。国道側の黄色いシャワー設備のそばにその2つ目が搬入されています。まだまだいろいろとあるようです。
自動車は朝から10数台。そのうち半数ほどが京都Yです。

先日もお知らせしたように、今日は京都でこの基地反対の集会があって現地報告をします。行きますとか、行きたいけど行けませんとか、いろいろお聞きしています。報道関係からも複数でアクセスがありました。
10月最初の土曜日ということで、安倍政権の常軌を逸した諸政策に抗ういろんなイベントが計画されているようです。それぞれの体は一つしかありませんが、いろんなところでいろんなことをやる、すばらしいことだと思います。

10/3(土)朝

Original post in Facebook