2015-10-05

文殊さん定期報告502

★基地周縁フェンスにまた白いシート!
★二つ目のシャワーは駐車場の奥に。
★自衛隊、取り壊し撤去作業?
★島津工事、相変わらず休みなし!!
★市長、豹変の一年!!

本日10/6(火)で、米軍基地工事開始から498日目(1年と133日)、レーダー搬入より351日目、本格稼働285日目に入りました。

今朝も雲のある朝です。気温17度。

8月の初旬に突然基地に設置された緑色の周縁フェンスですが、8/25(火)の大風でその上部の白いシートが全部飛ばされたり千切られたりでなくなっていました。それが昨日一気に復活しました。但し、素材が変わってシースルーで風などの透過性が強い素材のようです(紗幕のような感じ、前のより相当高価?)。さてこれがこれからの文殊野の風にどの程度耐えられるか、見ものです。

先日来、国道側広場参道寄に置かれていた、二つめのシャワー設備ですが、東側の駐車場奧の物置場に移動されています。

他の基地の様子は騒音がうるさいのも含め同じようなものです。

自衛隊の工事は、今週の予定では「法面工事」と「取り壊し撤去作業」となっています。「取り壊し撤去作業」とは何を取り壊して撤去するのかよく分かりません。

島津の工事は相変わらず突貫で夜もいくつもの棟に電気がついています。

昨日、レーダー搬入から1年になるということで、某新聞の取材を受けました。
「この1年を振り返って、この問題をどう思われますか?」と問われました。
「大前提の住民の安全・安心の保障ということが、どんどん遠ざかっていった1年だった」と答えました。それを象徴するのが市長の言動だ、「住民の安全・安心が確保されなければ、工事が始まろうが協力撤回もありうる」などと豪語しておきながら、その安全安心のために国と交わした約束が悉く無視されても今や何も言えず、逆にそれを指摘し批判する市民を人権侵害などと恫喝する始末だ、市民・住民を守るのがその任務である自治体の長の何というていたらくであろうか、と現況の総括もしておきました。
どんな記事にまとめていただけるのかとても楽しみです。

10/6(火)朝

Original post in Facebook