2015-10-06

文殊さん定期報告503

★基地、変わらず!
★島津、内装に専念!
★9月議会閉会、市長発言問題は議会で継続調査!

本日10/7(水)で、米軍基地工事開始から499日目(1年と134日)、レーダー搬入より352日目、本格稼働286日目に入りました。

日の出が6時頃となってきました。中々明るくなりません。
今朝は曇もようです。

基地に目立つ変化はありませんが、やはり内部ではいろいろとやられているようです。
先日外周フェンスに白いシートが張られましたが、この工事と一緒に支柱などの補強工事もやられたようです。風の強くなるこれからに向けての対策ということです。
防音シートで見えないためもありますが、シェネガの方の巡回がかつてほど頻繁でなくなったようにも思われます。

自衛隊側は西側の山と積まれた土と東側の削られた部分と対照的な状態です。最近自衛他の入り口付近のフェンスが外されていて、そちら側から国道の方を見るとISO8500などいろいろな掲示板が見えます。

島津は今や内装工事に移って、外からは見えません。作業の音だけが暗くなっても聞こえてきます。工事関係の車両はいつもたくさん駐められています。

10/2の9月議会最終日の本会議で市長が謝罪したという件ですが、お聞きしてみると、9/11の共産党の森議員の一般質問(米軍属の島津居住地問題)の際に「不適切な発言があった」として謝罪をされたということです。10/1の代表者会議で、9/11の市長の発言が問題とされ、議長がその旨市長に伝えて、市長も認めるところがあったので、全ての議事が終わって閉会となる前にそういう発言をされたということです。
しかしながら、発言のどの部分がどのように不適切であったのか具体的なことには何も言及していないので、それでは全く不十分だとしてさらに問題となりました。
今後議会としては発言の詳細を調べ、訂正すべき所を明らかにして市長に確認をとり明らかにしたい意向とのことです。共産党の皆さんはこの点をはっきりさせて改めて市長に抗議したいと言っておられました。
米軍基地問題について、市長は暴言に暴言を重ねて、特定の議員、党派だけでなく、議会そのものからも全く信頼をされない状態となっているという悲しむべき事態です。議会は市長発言の問題点を明確にして、市長に訂正謝罪させ、その詳細を市民全体に速やかに公表する責務があります。京丹後市民の付託に答えるため、しっかりやっていただきたい。

それにしても、基地問題でこれだけいろいろ起きているのに米軍基地対策委員会は結局議会中何もやらなかったようです。これでは怠慢のそしりを免れません。

10/6(水)朝

Original post in Facebook