2015-10-07

文殊さん定期報告504

★昨年5/27より500日!
★基地にまたたくさんのコンテナ!!
★質問状、3者とも未だにナシの礫!

本日10/8(木)で、米軍基地工事開始から500日目(1年と135日)、レーダー搬入より353日目、本格稼働287日目に入りました。

宇川の祭り(10/11)が近づいて来ました。天気の方が心配です。今朝の天気もあまり良くはありません。

昨年5/27の早朝から突然始まったここ文殊さんの基地建設工事から今日で500日目となりました。あの日の得意げな桝賀氏(前近畿中部防衛局企画部長)の顔が今でも記憶から薄れません。「桝賀さん、話が違うじゃないか」と言うと、「私は公務で忙しい」と会話を拒否されました。防衛局の責任者として、現地住民との話をするのが彼の仕事なのですが、それを拒否して工事だけにかまける。突然始まった工事の初日がこういうことでした。
この姿勢がそのまま、500日間続いてきています。
その後任の熊谷企画部長は、未だに一度も我々宇川住民の前に顔を出しません。
あの桝賀氏より更にタチが悪い。4月に出した質問場にも、答える答えると口だけで、未だに回答がありません。市も米軍もそうです。
工事500日を機にこの住民無視の事実をしっかりと確認しておきます。

その500日を機に、昨日基地にはまた5つもの新しいコンテナが届きました。何が入っているのか分かりませんが、次なる施設・設備の機材、資材と思われます。どんどん基地が重くなっていきます。

自衛隊工事も、島津工事もただただ進んでいます。
一方で、各当局は住民の安全安心のためには極めて不熱心です。ほとんど何もなされません。

10/8(木)朝

Original post in Facebook