2015-11-03

文殊さん定期報告532

★割と「静かな」境内が続いています!
★自衛隊の動きが盛んです!
★お参りの方も多い!

本日11/4(水)で、米軍基地工事開始から527日目(1年と162日)、レーダー搬入より380日目(1年と15日)、本格稼働314日目に入りました。

今朝は気温10度、寒いですが穏やかな秋の日の気配です。

レーダーサイトの工事は相当本格的なもののようで、昨日来まったく機械の音が聞こえてきません。工事の音は聞こえます。そのせいで発電機の音も小さくなっています。基地維持の電力だけという感じです。サイトの工事は、騒音対策だけでなく冷却材の自動循環システムなども作っているのではと思われます。
仮設的な要素の強かった基地が完全に固定化されてきているということです。

ここの基地からの情報(Xバンドレーダーによる)は、自衛隊の方の情報(岳山のドームレーダーによる)も含めて在日米軍の本部のある横田基地に送られ、そこには自衛隊の情報部もあって、日米合同の動きの指示が出されるシステムということです。正に集団的自衛権(日米合同軍)の最前線となってきています。

昨日昼過ぎその岳山へ向けて自衛隊の軍用車両4台が上っていきました。このところ自衛隊の部隊としての動きも活発になってきています。

昨日は京都府南部の9条の会の皆さん50数名が穴文殊の参詣に来られました。「こんなところにこんなものが・・・」「へー、右も左もですか!」などという声が飛び交っていました。武器を持ったシェネガの警備の人の姿を見て、「話には聞いてたけど・・」とビックリしておられる方も。丹後半島の観光も兼ねてのツアーということで、天気が良くてよかったです。

「いらんちゃフェスタ2015」の大成功をバネに、次のアクションを起こしていかねばと考えています。「憂う会」として、差し当たって、ずっと無視されている三者への質問状回答の督促を行い、更に新しい公開質問状の提出も検討したいと思います。

11/4(水)朝

Original post in Facebook