2015-11-07

文殊さん定期報告535

★京都府、ドクターヘリの情報を非開示(隠蔽)!
★島津、宿舎がその姿をお披露目!

本日11/7(土)で、米軍基地工事開始から530日目(1年と165日)、レーダー搬入より383日目(1年と18日)、本格稼働317日目に入りました。

今朝は曇り空に小雨がパラつく天気で、7時過ぎても基地の照明がついていました。モズの声が盛んに聞こえる文殊さんです。

京都新聞が久々のスクープです。昨日一面トップに、「ドクターヘリ、航行非開示」と題して、京都府が米軍基地に絡んでのドクターヘリの情報を非開示にしたが、それは機密保護法を先取りする問題行動だと指摘しています。近畿中部防衛局は「問題ない」としているのに府の担当者が勝手に機密にあたると判断した(防衛省からそういう依頼があったからとのこと)とのこと。昨年12月より施行されている秘密保護法の先取りに当たるのではと警鐘を鳴らしています。
基地に関わることは、地域の住民の安全安心に関わることでも秘密だという既成事実がこうして行政の末端によって自主的に作られていくことは大問題です。基地建設の大前提である「住民の安全安心の確保」が吹っ飛んでしまいます。府はその非を認め速やかに公表すべきなのは言うまでもありません。

米軍基地ではレーダーサイトの工事がいつ終わるともなく続いています。軍属関係の車も10数台、広場にはコンテナと資材がいっぱいという状況が変わりません。

自衛隊側の工事も変わりなく。グランドの予定地あたりがけっこう広くなってきました。

島津のシェネガ宿舎ですが、6棟のうち4棟まで覆いが外されてその素顔がお披露目になっています。やはり一棟に12部屋というか12件というかの間取りとなっていて、単身の方の住居としては大きなサイズです。

11/7(土)朝

Original post in Facebook