2015-11-09

文殊さん定期報告538

★京都新聞、社説では「秘密法の弊害明か」!
★米軍基地、昨夕非常サイレン・・?
★九品寺の松に異変?

本日11/10(火)で、米軍基地工事開始から533日目(1年と168日)、レーダー搬入より386日目(1年と21日)、本格稼働320日目に入りました。

今朝もまた重い曇り空と小雨です。

11/7(土)の京都新聞の記事を改めて上げておきます。
この日の記事は3つありました。一つ目が、ドクターヘリの情報非開示から開示へ、二つ目が「Xバンド京都の米軍基地1年」の金曜日の「上」につづく「下」、三つ目が社説「府の情報非開示 秘密法の弊害明か」です。一つ目と三つ目の非開示問題への切り込みは相当なもので評価します。ただ、防衛局がその場限りの気まぐれ指示を出していることへの防衛局自身のコメントを取れていないのがとても不思議でした。
二つ目については、米軍の現地への対応や市長の暴論へ言及がないと一昨日書きましたが、それにプラスして、再編交付金などについて地元がそれがなければ立ち行かないというような意味合いの文言がありました。
これには異論があります。そんなものなくても宇川はこれまでやってきたし、日本全国同じような過疎の地域は山とありそれぞれに基地も原発もなくてもやっているわけです。そんなものが来なければやっていけないのなら、その自治体の在り方と国の在り方こそが問われるべきです。そういう視点が薄いと思われてなりません。

米軍基地、昨夕暗くなってから突然鳴り出した非常サイレンが10分以上も鳴り続けていました。何があったのか・・?
レーダーサイトの作業は相変わらずです。資材も動いています。

自衛隊側の工事、着々やっておられます。「L字擁壁の搬入」というのが一度予定に出ていたのですが、何故か変更になって未だになされていないようです。
島津では、6棟の宿舎全ての覆いがなくなって、全容が見渡せるようになりました。大変な建物群です。

九品寺境内で気になっていることがあります。杞憂ならいいのですが、真ん中の老松ゾーンの数本の葉に枯れがやたら目立つのです。ひょっとしてという不安に駆られます。

11/10(火)朝

Original post in Facebook