2015-11-14

文殊さん定期報告542

★基地、フェンスの外に更に電柵!?
★そのくせ強風でゲートもシートもバタバタ!
★自衛隊、L字擁壁が並ぶ!
★強風でフェンスまた倒壊!

本日11/14(土)で、米軍基地工事開始から537日目(1年と172日)、レーダー搬入より390日目(1年と25日)、本格稼働324日目に入りました。

今朝の文殊さんは雨上がりで強風でした。南からの風で海は一応凪いだ感じですが、いろいろと影響が出ているようです。

米軍基地は内陣の黄色のバーが久しぶりに降ろされ、大きなものの出入りに一段落がついたようです。しかしサイトの工事は片付いた感じはしません。強風のため、サイトのシャッターは東側が閉じられています。

広場はコンテナと資材で雑然としたまま、交換されたファンを覆うブルーシートが風でバタバタし、例によって国道からの入り口ゲートは風で国道側と基地側との移動を繰り返していました。

基地の周縁フェンスの外に更に支柱が立てられ青い線が3本張られています。今朝気が付きましたが、数日前から設置されているようです。どうやら電柵のようです。なんとまだ防御設備が足りないということか(ひょっとしたら猿対策かもしれません)。
それにしても、入り口のゲート管理のいいかげんさとこの屋上屋を架すような防御設備は何とも対照的です。これは一体何を示しているのか。

自衛隊側の工事は、西側の法面に先日来運ばれてきたL字擁壁がズラリと並びました。ここが敷地の西端のラインになるということです。その列の向こうは、強風でまたフェンスが倒壊しています。前回の倒壊に懲りて相当な補強がなされたはずですが、再度KOということで、この地の風がやはり尋常ではないということを示しています。

11/14(土)朝

Original post in Facebook