2015-11-15

文殊さん定期報告544

★ファンの取り替えはこれから・・?
★レイセオンの通勤バスは廃止?
★フランスで大規模なテロ!

本日11/16(月)で、米軍基地工事開始から539日目(1年と174日)、レーダー搬入より392日目(1年と27日)、本格稼働326日目に入りました。

今朝も曇り空が続きます。

レーダーサイトの工事がどうなっているのか分かりませんが、騒音の元になっていた基地側の3つのファンが取り外されています。いろいろとやられているようです。

自衛隊の工事は法面作業が進められています。

このところ、例のレイセオン社の人達を運んでいた空っぽのマイクロバスを見かけないなと思っていたら、10月いっぱいで止めになったと聞きました。
元々集団でホテル等に滞在してこのバスで通うという約束であったものが、今年に入って勝手に個人の借家に移り、自家用車(Yナンバー)やレンタイカー(わナンバー)で通う人が増えて、ついには(5月頃には)このバスが空っぽ状態になってしまった。というような経過です。
市は当初、「集団居住、集団通勤が基本だ」と言っていましたが、米軍、防衛に強い抗議もせず、その足元を見られて個人居住、個人通勤がどんどん増えて今に至っています。
その人数がどれだけでどこに住んでいるのか、市は把握していない(する気もない)ということです。現在、京都Yナンバーは50台を越えていると思われます。

空の通勤バスを走らせるのは無駄だとはと思いますが、このことで市が個人通勤・個人居住を完全に認知したということにもなります。基本的な約束をなし崩しにされてそれを追認し、何の説明もない。極めて無責任です。
シェネガ社の人達と同じように、レイセオンの人達も集団の居住地を作るというのが当初からの約束ですが、今の好き勝手状態に何も言えないなら、この約束を今後実行させることは不可能と思われます。「それ(集団居住地建設)を求めている」というのが市の見解ですが、口だけのようです。「米軍や防衛の言いなりになることは一切ない」と副市長が言っていますが、こんな風にして事実としての「言いなり」となっています。

皆さんご存知のように、フランスのパリで大規模なテロ事件が発生し多くの犠牲者が出ています。痛ましいことで言葉もありませんが、このことをもってだから戦争法制が必要なのだとか集団的自衛権がいるのだということを言う人が増えることを強く危惧します。そういうことで解決できる問題ではありません。

11/16(月)朝

Original post in Facebook