2015-12-20

文殊さん定期報告581

★レーダーサイト、東側には巨大な排熱装置・・?
★自衛隊工事、明日から末までフル操業!
★知事、防衛からの詫び状公開!
★市長、「虚構」の説明は尽くした!

本日12/20(日)で、米軍基地工事開始から572日目(1年と207日)、レーダー搬入より425日目(1年と60日)、本格稼働359日目に入りました。

今日は小春日和。寒くない有り難い12月です。

レーダーサイトの大がかりな工事は終わりましたが、東側(袖志側)の面は一面に大がかりなブラインド状の排熱装置が作られているようです。これらが音を小さくしているのでしょう。このところ、サイトのシャッターは一切開きません。

自衛隊の工事は本日お休み、明日から28日まで日曜を除いて毎日10tダンプが35往復ということです。

今週号の京都民報では、先日の府議会で山田知事が例のドクターヘリ非開示問題で、防衛より府に文書で謝罪があった事を公開したとの報道があります。何を今頃という気もしますが、こういうことをしっかり質問して公にさせておくことは大切なことです。上原議員さんお世話になりました。
それにしても、防衛も府もなんと杜撰でいいかげんなことか。他にもそういうことが一杯あるのではと思われてなりません。

京丹後市長は12/18(金)の定例記者会見で、共産党の森議員との「虚構」問題について、「説明は尽くした」として直接面談を拒否されました。発言者ではなく議論に対して「虚構」と言ったということで、説明は尽くされたのそうです。まったく説明になっていません。「過ちては改むるに憚ることなかれ」、これが君子(人格者)へ第一歩なのですが、困ったことです。
市長はまた、国との約束10項目にある地位協定の改善については何もしていないということも明らかにされています。これもまた、怠慢です。安全安心を侵す最大の元凶がこの地位協定なのですから。

12/20(日)昼

Original post in Facebook