2016-01-01

文殊さん定期報告592

★2016年、今年もよろしく!
★今年最初の今月の言葉、「すぐやる 必ずやる 出来るまでやる」!

本日2016年1/1(金)で、米軍基地工事開始から584日目(1年と219日)、レーダー搬入より437日目(1年と72日)、本格稼働372日目(1年と7日)に入りました。

今朝の文殊さんは、青空の見える明るく穏やかな(例によって発電機の音だけがうるさい)朝でした。昨日と違って一日いい天気の元旦となしました。
今日から新しい年に入ります。今年は西暦2016年、平成28年、皇紀なら2676年、イスラム暦なら1395年、フクシマ暦なら6年、干支では丙申(ヘイシン=ひのえさる)ということです。

宇川経ヶ岬の米軍基地問題が起こって足かけ4年目です。半端な年月ではありませんでしたが、そんなに経ったのかと思うのが正直なところです。
今年も皆さんよろしくお願いします。

おかげさまでほぼ日刊のこの報告は、毎回のリーチ数がほぼ1000という現状です。いわゆる向こうの方々も熱心に読んでいただいているようなので、益々恥ずかしくないものを上げなければと年頭の決意を新たにしております(が、どうなるかは全く分かりません)。先日伺った沖縄の高江でも「読んでますよ。大変ですね。」と言われて恐縮しました。

「憂う会」として昨年越しの上げねばならぬ宿題がいくつかあります。一つはまず網野の事故の追求、二つに12/24にあった市、防衛、米軍の「憂う会」質問への回答の解説・広報、三つに年末に行った沖縄研修の報告ということです。

まずは網野の事故の件を最優先にしながら、回答の分析を行い、余裕があれば沖縄報告ということになろうかと思います。日々の報告に加えてのことで、どこまでやれるのか極めて不安ですがそういう認識で行きたいということだけお伝えしておきます。

新年初めの九品寺今月の言葉は、「すぐやる 必ずやる 出来るまでやる」というものです。文殊様も結構俗っぽくなって、即物的な感じもしますが、何かを求める者には大変に大切な言葉のようにも思います。

1/1(金)午後

Original post in Facebook