2016-01-09

文殊さん定期報告601

★レーダーサイトの工事始まる!?
★京都府警、「米軍に特別の配慮はしていない・・」!
★島津、交差点に防犯カメラ設置!
★市、シェネガの駐車場ができた経過は分からない!

本日2016年1/10(日)で、米軍基地工事開始から593日目(1年と228日)、レーダー搬入より446日目(1年と81日)、本格稼働381日目(1年と16日)に入りました。

昨日は、午後雪になる予報もあったそうですが、実際には良い天気でした。今朝は、少し寒くなって来ました。

基地ではやはりレーダーサイトの工事が始まったようです。昨日は西側奧シャッターと坂道側右のシャッターが開けられ中から盛んに音がしていました。

網野の事故について、京丹後警察の対応が不適切だという指摘を府議会の筋から京都府警にしていただきました。
その回答は、「捜査途中の案件であり、検証をしたかどうかを含めて応えられない」「法と証拠に基づき捜査を進めている。軍属が関係したからといって特別な配慮はしていない。現場の判断でやっている。」とのことです。その「現場の判断」が軍属に配慮したような行動ばかり取っているから未だに事故に遭った青年が困っているという現実なのです。
また、「法と証拠に基づき」というその「法」が日米地位協定で軍属優位にできているという実体こそが根本の問題なのです。
現場検証は昨日もやられた様子がありません(確かではないですが・・)。

島津のシェネガ宿舎は変化なしですが、入り口そばの三叉路の一角に全方位型の防犯カメラが設置されました。これは地域の要求を受けてということでしょう。周辺の道への夜の街灯設置も要求に上がっていますが、こちらはまだ全然できていません。

Yナンバーがたくさん駐まっているハナミズキ街道沿いの駐車場ですが、これは当初の計画には全くなくて突然作られたものですが、その経過は未だに何も知らされていません。この件を先日市の回答の際にも対策室長に質しましたが、全く答えられずでした。要するに「知らない」ということのようです。基地対策室の何も知らないことがこうして島津でも既成事実として積み上げられているということです。

1/10(日)朝

Original post in Facebook