2016-01-11

文殊さん定期報告602

★祝日関係なく、基地は勤務日!
★自衛隊工事も進む!
★昨日、近畿連絡会の新年旗開きで現地報告!
★新成人121万人。 プラス新有権者240万人!!

本日2016年1/11(月)で、米軍基地工事開始から594日目(1年と229日)、レーダー搬入より447日目(1年と82日)、本格稼働382日目(1年と17日)に入りました。

今日も曇ですが、穏やかな日です。宇川の気温は8度。先日白く色づいた山も元の色に戻りました。
昨日宇川の各区ではどんど焼きが催され、家々の松飾りや注連縄が姿を消しました。文殊さんも今朝は松飾りがなくなっています。いよいよ新年本格稼働です。

今日は成人の日で祝日(3連休の3日目)ですが、基地は通常勤務日ということで、朝から軍属さんの車が20台以上。地元からの勤務者や出入りの業者の車も来ています。
レーダーサイトのシャッターはまた閉められ、中の様子は分かりません。音もあまり聞こえません。発電機のみ変わらずの異様な音です。防音シートは依然として括られたままです。

自衛隊の工事は、祝日をものともせず(正月休みが長めだったこともあるのかも・・)フル稼働です。大きなクレーンが2台遠くからも目立ちます。

昨日、近畿連絡会の新春旗開きがあり、「憂う会」より現地報告を行いました。12/25の網野の事故、防衛大臣の突然の視察、シェネガの宿舎完成などの事が報告のメインでした。
網野の事故について、沖縄での事例に詳しい方から「予想通りのことが起き、予想通りの対応がなされていますね。彼らは動かぬ証拠を示さない限り、どこまでもゴマカシ否認します。警察はそれに追随する危険があります。」というご意見をいただきました。今回その事を実感させられています。

安倍政権が昨年の安保法制に続いて今年は「緊急事態条項」で憲法改正を狙ってくる、そこに集団的自衛権による日米合同軍が絡んでいよいよ戦争を目指すという構図の中で、中谷防衛大臣の経ヶ岬視察は極めて重要である。北朝鮮の動きも利用してサードミサイル(弾道ミサイルを迎撃するミサイル)を滋賀県の饗庭野に自衛隊が配備し、経ヶ岬のXバンドレーダーとリンクさせる可能性が極めて高いという指摘もなされました。

極めて説得力のある話だと思われます。そういうことをさせないために、米軍基地問題では常に最悪の事態を考えながら臨まねばならない年が今年2016年なのだと改めて感じています。

今日は成人式で121万人の新成人誕生ということですが、今年夏の参議院選挙では18才まで選挙権が引き下げられて240万人の新しい有権者が生まれます。
大した根拠のない妙な楽観主義(アメリカの言うことさえ聞いていれば全てうまく行くと妄想している)と目先の利益(株さえ高ければ安心・・?)しか考えない安倍政権応援団(40代、50代の壮年男性に多い)とは全く違った判断を彼ら若い有権者が示すのではないか、そんな芽も出てきているように思ったりもします。

1/11(月)昼

Original post in Facebook