2016-01-17

文殊さん定期報告608

★工事開始から600日!
★今日は休日?
★シェネガの人達の車は2000㏄以上が大半!
★近畿連絡会、網野の事故の件で府と府警に申し入れ!

本日2016年1/17(日)は、米軍基地工事開始から600日目(1年と235日)、レーダー搬入より453日目(1年と88日)、本格稼働388日目(1年と23日)に入りました。

今朝は曇と小雨が一日きました。明後日には丹後にも本格的な雪が降りそうです。

今日は阪神淡路大震災から21年目という日です。その日に宇川の米軍基地は工事開始から600日となりました。この「文殊さん定期報告」が始まったのがその日からということになります。長かったような、ついこの前だったような・・。とにかく、こんなに続くことになるとは思ってもいませんでした。

今日の基地は普通の日曜日ということか、最少人員のようで駐車場の車も少なく人の姿もあまり見かけません(寒いこともありますが)でした。発電機だけがその存在と活動を主張していました。
自衛隊の工事もお休み。自衛隊の工事は、現在雨水設備(おそらく参道側の水路・側溝)、法面工事(おそらく中央の壁のコンクリート打ち)、電気工事(これは分かりません)となっています。

島津のシェネガ宿舎は、今日も30台ほどの車が駐車していましたが、その出入りは激しくしょっちゅう動いておられます。8時間の基地警備勤務のあと24時間はこの宿舎をベースに個人の時間ということらしいので、こちらには常時50人がいるということになります。ここから自分の車で外出ということが当然の日常です。
このシェネガの人達が来た当時(14年の秋)、防衛の担当者は「彼らはそんなに(給料を)貰っていないので個人の車を持つ者はごく少ない。共同でレンタカーを借りるくらいだろう。」などと言っておられましたが、それは全くのホラ話であったことがこの駐車場を見れば一目瞭然です。一体どれくらい貰っておられるのか分かりませんが、20台以上のYナンバーのほとんどは排気量2000㏄以上のものばかりです。軽自動車のAナンバーはシェネガ関係では見たこともありません(レイセオンにはありますが)。

1/15(金)に近畿連絡会の皆さんが、12/25の網野の事故に関わって京都府と京都府警に対して抗議と申し入れをされました。その申し入れ書の一部を紹介します。
府に対して、
「最新の深刻な事故として、2015年12月25日に京丹後市網野町の交差点で公務外の米軍属が運転する車両が京丹後市民の車両に衝突する事故が発生した。これは、2015年2月の京丹後市丹後町での事故に次ぐ2件目の人身事故であり、被害者は全治3週間の診断を受けている。事故の原因が米軍属の側の信号無視にあることは明らかであるが、報道によれば、軍属の側は「青信号で入った」と主張し、当初「民間人」と偽るなど不誠実な対応に終始している。また、この事故に対する京都府警京丹後署の捜査は、現場検証の遅れなど、きわめて不十分なものとなっている。 京都府は事態の深刻さを認識しなくてはならない。」
府警に対して、
「この事故について、京都府警京丹後署の捜査は、現場検証の遅れなど、きわめて不適切で不十分なものとなっている。あたかも事故の真相究明を自ら妨げようとしているかのような京都府警京丹後署の事故捜査のあり方は、米軍関係者による事故の発生をさらに助長し、被害者に泣き寝入りを強いることにつながるものであり、私たちはこれに強く抗議する。」

どちらの内容にも強い共感を持ちます。京都府と京都府警はこの申し入れに真摯に答えなければなりません。

1/17(日)夜

Original post in Facebook