2016-01-21

文殊さん定期報告612

★今日も一日冷たい雨!  
★倒壊フェンス、更に放置!
★京都府民の会、府に要請!
★府の回答、突っ込み所随所に!

本日2016年1/21(木)は、米軍基地工事開始から604日目(1年と239日)、レーダー搬入より457日目(1年と92日)、本格稼働392日目(1年と27日)でした。

今日は朝から一日中冷たい雨が降っていました。たまに霰という感じで雪は全くなしでした。先日降った雪は宇川では大半が消えました。
基本的に暖かいということでしょう。明日からの週末が冷え込むという予想です。どうなることやら。

文殊さんの雪も基地の雪もわずかになってきました。目立つのは強風による基地の損壊です。入り口ゲートの警告板は昨日も書いたように回復していますが、壊れたフェンスは全くの手つかずで、更に酷くなっている状況です。天候の回復を待って業者にやらせるということでしょうが、緑のフェンスはいかにも間に合わせのもので予想通りに柔いものです。溜まり水に浸かった警告パネルは何とも言えない風情です。

自衛隊の工事は、先日の強風で入り口のゲートが不具合になったようで開けられたまま、ユンボが通せんぼしています。おかげで気になっていたフェンス内の松の無事が確認できました。元気そうです。参道側の盛り土もしっかりやられています。

1/18(月)に、京都府民の会が皆さんが基地問題で京都府へ要請をされました。その時のやりとりが広報されています(「米軍基地いらない府民の会」で検索)ので興味深い府側の回答をかいつまんで紹介します。★はこちら(「憂う会」)のコメントです。

・安安連の議事録は不十分なので、もっと分かりやすくし米軍の発言を具体的に載せるように求めている。 ★議事録は簡単な概要だけでまったく不十分。発言は米軍だけでなく当局や住民代表とされる人のものも出さなければ意味がない。

・次の安安連は3月くらい。 ★どうして市民に公開できないのか。

・米軍の2基工事に向けての説明会については、形がどうなるかは不明だが地元に説明するように求めている。 ★その形こそ問題だ。やましいところがないのなら、直接住民の前で説明するのが筋である。

・サイトの騒音はなくなったが発電機の騒音はまだ際立っている。商業電力の供給は29年度中。発電機の防音ハウスは無理ということ。防衛は追加措置を検討しているようだ。 ★検討だけでなく、即具体化せよ。

・島津の住宅はシェネガの社宅。レイセオンは集団居住を追求しているが難しいようだ。できるだけ相乗りで通勤して車の台数を減らすようにしているとのことだ。 ★集団居住・集団通勤の約束を守らせようという姿勢がまったく府にない。

・Yナンバーは60台を超えていると聞いている。 ★既に80台を超えている。分からなければ「憂う会」に問い合わせよ。

・米軍関係者の車の運転は、米国内で免許を持っていて希望する者に研修させ許可を与えているということである。講習会には念には念を入れている。 ★彼らの許可状は日本側で誰が確認できるのか。いい加減にされているその結果が12/25の事故を招いた。

・昨年1月のスピード違反の件は、日本では罰金10万のところだが、公務中で不起訴となった(不問に付された)。 ★警察は何度求めてもそういうことを説明してこなかった。米軍関係は違反のやりたい放題か。

・12/25の事故は双方が青を主張して警察が捜査している。公務外であるので日本に裁判権があり日本の人と同じように対処する。しかし、行政処分は彼らにはない。事故当時通訳があやふやで軍人軍属の確認をできていなかった。 ★京丹後警察は全然同じように対処してはいない。警察の通訳が出ていってもその程度のことしかできないのか。

・事故は現在25件。米側に相手への丁寧な対応依頼と再度の安全徹底の2点を申し入れた。

・府から防衛省への要請事項については真摯に対応してもらっている。 ★12/25以降にも事故が起きたということか(その時点では23件であった)。米側からの丁寧な対応はこの申し入れ以後に何もない。

府の3月議会でもしっかり取り上げていただかなければなりません。

1/21(木)夜

Original post in Facebook