2016-01-23

文殊さん定期報告614

★何と、今日は青空!!
★ゲート前の警告板撤去!?
★壊れたフェンス、いつまで放置?
★2/8に特別委員会陳情趣旨説明か・・!

本日2016年1/23(土)は、米軍基地工事開始から606日目(1年と241日)、レーダー搬入より459日目(1年と94日)、本格稼働394日目(1年と29日)でした。

とんでもない寒気がやってくると専らの話題の中で、今日はなんと朝から青空。夕方まで好天が続きました。
嵐の前の静けさという言葉がありますが、大雪の前の微笑みとでも言うべきか。海も穏やかで、文殊さん沖にもいろんな船の姿が見えました。

基地に入る国道からの入り口ゲートに長らく君臨してきた大型警告板が、なんと撤去されたようです。昨日の朝にはあった(何度目かの転倒を起こされたのが)のに、今朝は全く姿形がなくなりました。不要ということではないのでしょうが、要するに文殊さんの強風に負けたということのようです。その分の警告板はすぐそばのフェンスに取り付けられていました。

この基地の入り口では、まずアコーデオン式のゲートが開け閉めの管理をできずに風に遊ばれて開放固定とされ、今回花形警告板が風に負けて撤退ということです。なんと根性のないことか。
思えばこのゲート前警告板は「日本国憲法により立入を禁ず」という触れ込みで作られたものから始まって、何度もこけたり訂正されたりして維持されてきたものですが、昨年秋にやはり強風で貼られていた紙を全て剥がされ、フェンスの警告パネルと同じ安いので間に合わされて一応の格好を保っていたものですが、終に完全降伏となりました。世界最強の米軍も文殊さんの風には勝てなかったということです。
やはり米軍は基地入り口の管理もまともにできない立派な方々ということです。
こういう仕事をする人達だから、壊れたフェンスが今日もそのままということになります。何とも情けない。

市議会の基地t対策特別委員会は昨日報告した1/21の会議の際、「憂う会」の陳情Ⅲの趣旨説明を決めました。2/8(月)の午前中(おそらく10:00から)に入りそうです。ポイントはやはり12/25の事故にかかわる事になります。議員懇談会の次の日程として可能な方は傍聴の予定をしておいて下さい。

1/23(土)夜

Original post in Facebook