2016-01-24

文殊さん定期報告616

★事故はシェネガの通勤ワゴン!
★吹雪のホワイトアウトで道と思って直進か?!
★負傷者が心配、でも不明!!
★明日の朝もとっても危ない!

今朝の米軍事故ですが、その後分かったことを報告します。本日2回目の報告になります。

事故を起こした車は、米軍基地の警備をやっているシェネガ社というPMC(民間軍事会社)の通勤に使われているワゴン車(8人乗り)です。福井300ナンバーのレンタカー(わナンバー)で一昨年の秋からずっと使われてきた2台のうちの1台(いつも2台で走っていてその2台目がこの車)、これまで何度も接触事故などを起こしてきた車ということになります。運転手さんが同一人物かどうかは分かりません。昨年12月に入居したシマヅの宿舎から通っていたものです。
今朝6:30頃に定時交代で基地に向かっていて、折からの激しい吹雪の中、視界がほとんど0(ホワイトアウト状態)の中で、右カーブを曲がらずに直進してしまった。そこは中浜地区で、国道を隔てた丸幸さんの駐車場となっていたところです。何も見えなければ道と思って突っ込んでも自然な感じなのかなとも思われる場所です。
車が完全に逆立ちして駐車場の向こうに突っ込み、頭を落差のある下の道に付けて止まっているところを見ると、運転手はほとんど意識せずに突っ込んだという感じです。110番はそばの家の方が事故車のアメリカ人(もう一台の方の方かも知れません)に頼まれてしたとのこと。

報告者は今日の朝のお参りに行く途中(7:50頃)にこの事故を気づいていました(パトも来ていました)が、それこそ吹雪でナンバーも見えずよく分かりませんでした。ところがお参りを終えて帰り(8:15頃)に見ると、吹雪がやんで車のナンバーが分かり、「あっ、いつものワゴンだ」ということになったような事情です。パトカーも2台来て、京丹後警察の方々がウロウロし、そばにはこれも馴染みのもう一台のシェネガのワゴンが駐まっていました。警察の方に「またですか。大変ですね。」と声をかけると「はあ」とため息交じりの苦笑いをされました。

気になるのは、その逆立ちワゴンに乗っておられたシェネガの方々(フルなら8人)です。先日の軽井沢のバスと同じような状況の中で、おそらく負傷者も複数あったのではと思いますが、どうされたのか。その時には救急車は見かけませんでした。既に運ばれた後であったのか。米軍の人もそのあたりには見えませんでした(もう一台のワゴンの中にはおられるようでしたが・・)。

それにしてもこの事故、少しズレたら両サイド共に人家です。キツい吹雪の中では本当に全く何も見えなくなります。今朝は正にそういう状態で、報告者のお参りも何度もそうなりました。だから当然ゆっくり走ります。それがおそらく彼らにはできていなかった。同じようなスピードでずっと走ってきたのではと思われます。極めて危険なことです。

12月には雪道の講習もやられたということですが、吹雪の道の講習はなかったようで今朝のような事態は想定されていなかったのか。そもそも運転者が講習を受けていたのかということも分かりませんが・・。

事故現場には宇川の連合区長さんを初め何人もの方々が駆けつけ、その惨状を確認されたようですが、恐れていた事態がやはり起きたということです。こんなことでは、国道沿いのお家はいつ突っ込まれるか知れたものではないということになります。3月には安安連もあると聞いています。3月議会もあります。その前に議員懇談会も決まっています(2/2(火)19:30~中浜多目的集会)。宇川地区は地域をあげてこの問題を取り上げ、市、防衛局、米軍に事故の原因と今後の対応を追求していただきたい。

明日1/25(月)には中山市長が記者会見して4月の市長選への四選出馬を表明すると聞いています。昨年12/25の網野の事故、更に今日1/24の宇川中浜の事故、米軍基地関係者による市民の安全安心への脅威にどう対処していくのか、記者の皆さんにはしっかり問いただしていただきたい。

今、気温はマイナス4度から5度で、やはり雪が降っています。明日の朝も道はとっても危ないです。次の事故が起きないことを祈ります。

もし米軍関係の車の事故(Yナンバーなら間違いなし)を見かけたら、ぜひ写メを撮って「憂う会」にお知らせ下さい。警察は基本的に何も教えてくれませんし、防衛も市も事後に「事故がありました」とだけしか教えてくれません。相手は特権を持った方々で、こちらからの連絡の方法もなく、動かぬ証拠がない限り非を認められないようです。悲しいことですが、私達は私達で自らを守らねばならないみたいです。
情報はtx-nagai@maroon.plala.or.jpへお願いします。

1/24(日)夜

Original post in Facebook