2016-01-28

文殊さん定期報告620

★北朝鮮、またミサイル!?
★基地に目立った変化はないが・・・。
★自衛隊の訓練続く!
★壊れたフェンス、警告板の放置も続く!!

本日2016年1/28(木)は、米軍基地工事開始から611日目(1年と246日)、レーダー搬入より464日目(1年と99日)、本格稼働399日目(1年と34日)でした。

ようやくに日の出が7:00を越えて、朝が少し早くなってきました。今朝はけっこう明るい中でのお参りでした。今日の天候は、雪や雨はありませんが寒い一日でした。

今日も朝から自衛隊の皆さんの車が多く、米軍の方の車も朝からいつもよりたくさん入ってきていました。その動きが、今盛んに報道されている北朝鮮のミサイル発射と関連しているかどうかは分かりません。無縁だとは思えませんが・・。警備そのものはいつものようです。
1/24(日)から続いている自衛隊の相当規模の訓練や隊員の多数勤務は、今のミサイル騒動以前からですから直接関係ないようにも思いますが、彼らの情報は早いですから関係ありかも知れません。

どちらにしても、北朝鮮が何かやる度にここの二つの基地は緊張に包まれる。即ち地元住民の危険度が増すということです。たまったものではありません。

基地の発電機の音は相変わらずで、壊れたフェンスの放置も続いています。フェンスの壊れ具合はひどくなる一方です。
強風で剥がされて1/18より国道脇のたまり水の中にはまっているWARNINGの警告板も全く回収される気配がありません。この基地の方々は、こういうところがきわめていい加減です。

1/28(木)夜

Original post in Facebook