2016-02-03

文殊さん定期報告628

★今日は良い天気!
★レイセオンの車、朝から相当数!
★京丹後市の自動車事故、昨年は2300件、その中の25件に過ぎない!!
★50台の車の25件とウン万台の2300件、とんでもない数字ではないか?
★陳情趣旨説明、2/8(月)10:00~ 市庁舎201会議室にて!!

本日2016年2/3(水)は、米軍基地工事開始から617日目(1年と252日)、レーダー搬入より470日目(1年と105日)、本格稼働405日目(1年と40日)でした。

議員懇談会の二日間ずっと降り続いた冷たい雨がやんで、今日は一日良い天気でした。
文殊さんはようやく日の出が7時前となり明るい中でのお参りとなってきました。
そう言えば今日は豆まきの節分。明日は晴れて立春です。何とも日の経つのが早い。

今朝気が付いたのは、レイセオン関係の車が朝既に20台を越えていたことです。何かレーダー技術者の人数が必要なことが起きているのか・・。北朝鮮から衛星打ち上げの通告もあったそうなのでその関係かも知れません。発電機の音は激しいまま変わりません。

自衛隊の工事はボチボチ着実にやられている感じです。
島津のシェネガ宿舎、様子は変わりません。

昨夜の宇川での議員懇談会で、米軍関係者の事故に関わって吉岡基地対策特別委員長さんと参加者のやりとりで書き漏らした重要な事を追記しておきます。
委員長さんは「米軍の事故事故と言われるが、京丹後市全体では昨年2300件の事故が起きた。私達も事故は起こす。それは一定仕方ないものだ。そんな中の25件ということではないか。」と言われた。
それに対し、「たかが25件と言うが、その母数は50台ということを見れば恐ろしい確率(半分)ではないか。京丹後市に何台の車があるのか正確には知らないが何万台もの中の2300件と比べものにならないではないか。」「(日米地位協定で)彼らはスピード違反をしても罰せられない(彼らに行政罰はない)。そんなことだからこういう数字が出てくるのではないか。」「そもそも地位協定で特権を持った者の事故と我々の事故を同じように扱うこと自体がおかしい。」という反論がなされ、それに対する返答は特になかった(できなかった)ということです。
「市内の事故は何千件もあるのに米軍のわずかな件数の事故などをとやかく言うな」という論法は、市議会で何度も中山市長が展開してきたことで、委員長さんもそれを踏襲して今回の発言をされたと思われます。どちらも説得力のきわめて低い、事の本質を意図的にごまかそうとする論法です。事あるたびに「市民の安全安心を守ることが第一」と公言されながら、こんな低レベルのゴマカシで市民が納得すると思っておられるところが、何と低レベル極まりないことか。

また、過去の議員懇談会で「能力の高い立派な紳士ばかり来られるのでそのような(事故などの)心配はないと思っています。」とか「何かあれば私のところに言ってきて下さい。」というようなことを言ってこられた某議員さんもおられましたが、最近の困った事故問題について具体的なことは何も言われませんでした。何とも無責任なことです。

忘れないうちに報告に付け加えておきます。

来週月曜の2/8の10:00より、市庁舎201号会議室(301号会議室から変更になりました)で、基地対策特別委員会が開催され、「憂う会」の「陳情Ⅲ」趣旨説明を会の事務局長が行います。「安安連」と違って傍聴可能ですので、どなたでもお出で下さい。この特別委員会、ひょっとしたらテレビ取材(メジャーなとこかも・・)があるかも知れません。

2/3(水)夜

Original post in Facebook