2016-02-11

文殊さん定期報告636

★建国記念の日、2676年と240年、皇国の矜はどこに・・?
★倒壊フェンス、応急処置・・!
★ご挨拶は何もないのかな?
★サイトの工事、続く・・!?
★自衛隊工事、ゲートを拡幅!

本日2016年2/11(木)は、米軍基地工事開始から625日目(1年と260日)、レーダー搬入より478日目(1年と113日)、本格稼働413日目(1年と48日)でした。

今日は建国記念の日で祝日。それを祝うわけでもないのでしょうが素晴らしい晴天。でも風はとても冷たいという一日でした。

建国記念というその淵源(えんげん=おおもと)は西暦でいうなら紀元前660年のこの日に大和橿原(かしわら)の宮で初代神武天皇が即位したということ(日本書紀という神話のお話)で、帝国憲法下ではその名も紀元節(きげんせつ)と言われてきた日です。
この暦は天皇の暦ということで皇紀(こうき)と呼ばれ今年は皇紀2676年ということになります。その神武さん以来延々天皇家は続き(万世一系)、現在の今上明仁天皇で125代目ということになっています。その天壌無窮(てんじょうむきゅう=天地と共に極まりない=永遠)の豊秋津島(とよあきつしま=ゆたかな恵みにの覆われのどかにトンボが飛び交う島の)大和の国が今や、西暦1776年建国のわずか240年の歴史しか持たない国の属国として存在しているという現実。その屈辱こそを心に刻まねばならない日です。

という講釈はさておいて、基地では例の倒壊フェンスの応急処置なるものが昨日行われました。要するに菜園にはみ出ていたフェンスの残骸を基地の敷地に引き入れ、菜園への道側に倒れていたフェンスを敷地側に倒し直したというだけのことです。新聞に書かれたのでシブシブ最低のことをしただけということ。改修されたりしたわけではありません。
防衛局によると、米軍に連絡し米軍が業者の手当てに時間がかかったから遅くなったという説明です。が、これくらいのことは人が二人もいれば1時間もかからない容易な仕事です。
1/18の倒壊から23日、防衛に申し入れた1/26からでも15日もかかっています。何といういいかげんなことか。そして、畑の管理者に何の挨拶もありません。
他人の土地にゴミを放置してそれを分かっていながらずっと無視していた、うるさく言われたのでイヤイヤ撤去はしたが、その迷惑に頭の一つも下げない。この非常識極まりないのが彼らのやり方ということのようです。
司令官殿、悪いことは言わないので一言謝罪くらいされたらいかがか。誇り高き米国軍人の人格が問われる事態ですよ。
少なくとも前司令官はそういう誠実さを持っておられました。

昨日から始まったと思われるレーダーサイトの工事は続いているようです。赤い点滅ランプは昨日来点いていません。クレーン車に続いて、大きな牽引トラックが2台、更に大きなコンテナ施設(発電機か冷却機か・・)を積んだ相模ナンバーのトラックも来ています。
北朝鮮騒ぎの中で次の課題が見つかったのかも知れません。レイセオンの車は昨日に続いてとても多いです。

自衛隊の工事はやはり入り口ゲートが拡幅されて、クレーンを使った工事が進んでいます。

2/11(木)夜

Original post in Facebook