2016-02-13

文殊さん定期報告638

★基地の工事続く!?
★やはり発電機交代!
★逆立ちワゴン、復活!!
★株価15000円台へ!!

本日2016年2/13(土)は、米軍基地工事開始から627日目(1年と262日)、レーダー搬入より480日目(1年と115日)、本格稼働415日目(1年と50日)でした。

今日は朝から気温13度。温い風、冷たくない雨、妙な天気でした。

基地の作業・工事は続いています。このところ大型の牽引トレーラーが毎日2台基地へ入っています(何をしているのかは分かりません)。
交代の発電機ではと思ったキッドに、外されていたマフラーが設置されました。これで発電体制が正常な設備に戻っていくということです。
その音は相変わらずです。
レイセオンの車はやはり朝から20台というところです。

シェネガの通勤ワゴンですが、1/24に逆立ち事故を起こしたのが早くも修理を終えて復活しています。廃車にはならなかったようです。ケガの方は本当に大丈夫だったのか・・?
一方、12/25に事故に遭った(起こした?)Yナンバー(八戸)の方は新車を買われたようで、京都Yで来ておられます。
その事故は未だに確定していません。京丹後警察は事故から1ヶ月半になろうかというのに一体何をしておられるのか。青年の難儀は続いています。

自衛隊は大物の搬入が済んだようで、入り口のゲートが復活しました。
島津では変わりない日々が続いているようです。

株価が1万5000円台に入りました。マイナス金利などという国家の信用を投げ捨てた無謀な政策でも、この流れをどうすることもできなかった(ウン兆円の国民の金がまたどこかへ捨てられた)ということです。そしてミサイル馬鹿騒ぎの揚げ句が北朝鮮による「拉致問題調査中止」という事態を招いています(元々やる気のなかったところへその口実を与えてしまった)。京都3区の宮崎なんとかさんの話はもういいので、この国の政策と為政者を検証しましょう。

2/13(土)夜

Original post in Facebook