2016-02-15

文殊さん定期報告640

★一転して、今日は雪も!
★明日、参議院の防衛外交委員会が基地視察!!
★今日は青森の方と交流!
★対策室、自らは何もせず!

本日2016年2/15(月)は、米軍基地工事開始から629日目(1年と264日)、レーダー搬入より482日目(1年と117日)、本格稼働417日目(1年と52日)でした。

天気予報通り、寒くなりました。今朝は4度、昨日と10度以上の差でした。朝から冷たい雨、みぞれ、雪の混ざった天気が一日続きました。明日はもっと冷えそうです。
事故が気になります。
1/24の宇川の事故直後の1/27に、米軍関係者はまた雪道対策の安全講習会を網野教習所でやられた(約30名参加)とのことですが、今やそのレベルのことで安心できるような状況ではありません。

基地はいつもの通りということですが、今朝は発電機の音がひときわ大きく感じられました。その発電機の故障したものが今日ようやく修復された(交換された)ようです。

この米軍経ヶ岬基地を、明日はなんと参議院外交・防衛委員会が視察をされるということです。今日の午後はその準備の様子も見受けられました。
参議院外交・防衛委員会は委員長があの有名なヒゲの隊長佐藤正久氏。その委員長以下各党の理事・委員10名(民主党の福山さん、共産党の井上さんなど京都に馴染みの名前もあります)が揃って米軍基地を視察し市長・議長との懇談も予定されています。舞鶴なども回ってからということのようですが、防衛大臣の次はこういう方々がやってくる。当然3/1の安保法制施行の一環ということでしょう。
丹後はホントに大変な場所になってきました。

一方今日は、青森県から来られたあの車力のXバンドレーダー基地に詳しい方が文殊さんの米軍基地を視察され、懇談の機会がありました。その方は、宇川の米軍基地を見て、「あまりにも車力と違う。とにかく狭いし、人の生活域と近すぎる。どうしてこんなところに作ったのか理解に苦しむ。何か特別の意図があるはずだ。」と言っておられました。
その「特別の意図」は今のとこよく分かりません(いろいろと憶測はできますが・・)が、とにかくそういう特別な場所にここの米軍基地はなっているということです(だから国会議員が大挙押しかける)。

市の前線である「基地対策室」ですが、今日連絡を入れていくつか喫緊の問題を質しました。12/25と1/24の事故の件、倒壊フェンスの件などですが、分かったことを一言で言うと、「市(対策室)は独自に何もしていない」ということです。情報は新聞に書かれたことしか知りません。基地の様子も見に行ったりしません。何事も自分の方からは特に調べません、ということです。市民を守る立場で仕事をしなければならないのに、積極的にそういうことをやる気が無い。
前線窓口(基地)がこれでは、住民市民の安全・安心など保障できようはずがありません。
こんな事では済まされません。

2/15(月)夜

Original post in Facebook