2016-02-25

文殊さん定期報告650

★NHK経ヶ岬基地特集、「憂う会」に浮かぶ瀬なし!
★あれがNHKの限界か・・・。
★シェネガ宿舎から、個人の車も来ている!!
★タヌキがご愛想!

本日2016年2/25(木)は、米軍基地工事開始から639日目(1年と274日)、レーダー搬入より492日目(1年と127日)、本格稼働427日目(1年と62日)でした。

今日、午前中は割と穏やかでしたが、午後は寒くなり時に雪が吹き荒れる一日でした。

先日来注目していたNHKの基地特集が今日放映されました(18:30からのNHK京都「京いちにち」で10分間の特集)。「基地はいらない、市民を守れ。」という立場から「憂う会」は取材に協力させていただきましたが、その協力が結果として浮かばれない内容であったと言わざるを得ません。市民の安全を脅かす事故の実態や、居住地などの問題、倒壊フェンスの件、「憂う会」の活動などはほとんど(全く)触れられることなく、再編交付金で市や宇川にお金が落ちて大きな財政の支援になっているという側面が一番強く印象づけられる内容でした。
特に宇川診療所が再編交付金で存続されているかのような報道には大きな疑問を持ちました。地元にいてそういうことを具体的に聞いたことがありません。宇川診療所と基地の問題は基本的に全く別個のものです。連合区長の言葉も曖昧な点が多く、実態がどうなっているのか確認しなければなりません。事と次第によっては間違った報道ということも出て来るかも知れません。

前にABCテレビの報道に「取材2時間で出番5秒」と嘆いた事がありましたが、「今回は取材半日で出番0」という結果でした。正に言葉もありません。

3/1には放送区域を近畿圏に広げて今日の特集のハイライトバージョンが朝の連ドラ前に放映される予定とも聞いています(あくまでも予定です)。このままでは何だか悲しいものを感じます。

今後も取材を続けて全国バージョンも目指したいというのが担当ディレクターの思いのようですが、「あれがNHKの限界か(実態か)」と思われない内容を目指して欲しいと切に願います。

米軍基地ですが、やはりレイセオンの車は多く来ています(20台以上)。このところ駐車場にシェネガの島津宿舎から来た個人の車を見かけます。そういうことはしないというのが約束のはずですがどうなっているのか。とても気になります。

今朝は尾和側の道にタヌキが出てきて愛想を振りまいてくれました。

2/25(木)夜

Original post in Facebook