2016-02-26

文殊さん定期報告652

★やはり宇川診療所と基地は別個!!
★診療所の署名にそんな話はない!
★捲られた防音シートはいつまであのままに・・。
★コミになったWARNING看板、ようやくどこかへ!
★菜園のニンニクも猿か!

本日2016年2/26(金)は、米軍基地工事開始から640日目(1年と275日)、レーダー搬入より493日目(1年と128日)、本格稼働428日目(1年と63日)でした。

今日も昨日と似た一日で、午前中は日差しもありでしたが、午後は寒くなり雪が吹き荒れる天気となりました。

昨日のNHKの報道の件ですが、宇川診療所に関わって再編交付金でそれを存続させるというような話はやはりないということを確認しました。再編交付金云々とは関係なく市は宇川診療所の存続を決めてきました。今回の宇川住民全員署名は宇川診療所を住民が守っていくための組織を作るためのもので、それで基地再編交付金をもらおうなどというようなものではありません。大下連合区長の個人的な思惑としてそういうことがあったのかも知れませんが、宇川の区長会などでそんなことが議論されたことはありません。
昨日のNHKの報道にはやはり相当なミスリードがあるように思われます。
考えてみれば、再編交付金は2018年度(H30年度)までのもの、宇川診療所はずっと存在するものです。話に無理があります。

市の合併特例財源がなくなるのを補填するために再編交付金をというグラフを使った最後の説明ですが、再編交付金は2018年度(H30年度)までのものであるのに(6年間という事を番組でも言っていました)、点線は2020年度(H32年度)までのグラフになっていました。これはどう見てもおかしい。

基地に変化はありません。昨年12月に捲られてそのままになっている金網沿いの防音シートですが、いつまであのままにしておくのか。
レーダーサイトの音がほとんど無くなってシートの意味もなくなったのだから早急に撤去すればいいのにと思ったりします。
1/19以来、国道側の溜まり水に放置されてゴミとなっていたWARNINGの看板が今朝はようやくなくなっていました。1ヶ月以上の放置でした。
どちらにしてもケジメのない仕事の典型です。

平和菜園のニンニクは順調に育っていますが、またまた猿の登場で何本も引き抜かれていました。

2/26(金)夜

Original post in Facebook