2016-03-01

文殊さん定期報告655

★「おはよう関西」、「憂う会」も登場・・!
★今日、安安連7回目開催!
★防衛、警察への批判が出る!!
★発電機の騒音がまたキツくなってきている!

本日2016年3/1(火)は、米軍基地工事開始から644日目(1年と279日)、レーダー搬入より497日目(1年と132日)、本格稼働432日目(1年と67日)でした。

今日は全国大荒れの天気でした。
丹後も同じ事で、朝は雪の凍結道路、日中は雪と風という一日になりました。

今朝NHK「おはよう関西」で、2/25に放映された「京いちにち」の「経ヶ岬米軍基地問題」のハイライト版が放映されました。朝ドラ前のゴールデンタイムに経ヶ岬米軍基地問題が取り上げられたということは、まずは有り難いことだと思います。「関西」ですから範囲は近畿一円です。

2/25の特集内容については、多くの問題点があるとこの報告でも書き(正式の抗議をすべきだという声もありました)、NHKの担当者にも伝え、何度かのやりとりもありました。10分間から、5分間に凝縮しての扱いということでしたが、こちらから申し入れたことが一定取り入れられた内容になっていたと思います。網野の事故の扱い方の違いや、「憂う会」の事務局長の登場などは2/25の番組にはなかった内容です。
ただ、基地問題の本質にはまだまだ遠いなという感を持ちました。
この問題は今後も続きます。今後のもっと突っ込んだ番組を期待したいと思います。

昨日、安安連7回目が近日中にあるだろうという事を書きましたが、それが今日あったようです。詳細は分かり次第報告しますが、特に事故に関して市や地元から防衛や警察に厳しい要求・指摘がなされたようです。市からは「防衛がもっと市民と米軍の中に入れ」という要求がなされ、地元代表からは事故に関して「警察の腰が引けているのではないか」という指摘があったと聞きました。当然のことだと思いますが、そのことが市民に共有されていません。
安安連の会の開催の広報と市民の傍聴を保障することがますます重要になってきました。

基地ですが、発電機の騒音の強さが最近際立っています。風の音もある中で全然負けてはいません。袖志でも尾和でもあの音が辛いという声を最近いくつも聞いています。北朝鮮のミサイル騒動から激しくなったという指摘も共通しています。日々のお参りで感じていたことが、やはりそうだったようだと確信できてきました。

3/1(火)夜

Original post in Facebook