2016-03-20

文殊さん定期報告673

★今日はお彼岸!
★文殊さんのトイレは新設で1770万円!
★自衛隊工事、休日も電柱工事!
★参拝者に身分証明書を要求!

本日2016年3/20(日)は、米軍基地工事開始から663日目(1年と305日)、レーダー搬入より516日目(1年と151日)、本格稼働451日目(1年と86日)でした。

朝から昨日来の曇り空、終日寒い風の1日でした。
今日は春分の日で春のお彼岸(中日)です。基地の向かいの袖志の墓地を初めあちこちで墓参りをする人の姿が見られました。明日から昼の方が長くなっていくということですね。

昨日報告した、文殊さんのトイレの取り壊しですが、明後日の3/22から3/31までで今年度の事業としてやられ、来年度予算で新設されるようです。新年度予算案の再編交付金活用事業一覧の中に「袖志観光トイレ整備事業補助金」(No25)として1770万2千円が計上されています。このうち1350万2千円が再編交付金からの出費ということです(あとの420万は一般財源)。因みに所管は商工観光部、スポーツ観光・交流課。
袖師地区の要望から出てきたものですが、1800万円近いトイレ、どんなのかなと思ってしまいます。周り中が基地になって地元からのお参りの人は減っています。

自衛隊の工事は休日の今日も電気工事だけがやられていました。この部分は早急に必要ということなのか突貫工事をやっておられるようです。

今日お参りの某大学の先生は、見回りの警察(旧宇川中学の派出所の警官)に参道で身分証明書(運転免許証ではなく)の提示を求められ所持品のチェックまでされたそうです。相変わらずの姿勢です。そのエネルギーをYナンバーのチェックに向けたらどうか。
昨日来た青年達の自動車のナンバーを自衛隊から出てきた人がチェックしていたということも聞きました。日本の防衛や警察は誰のために仕事をしているのか、情けない限りです。

経ヶ岬ではハヤブサの季節が始まっていました。

3/20(日)夜

Original post in Facebook