2016-03-23

文殊さん定期報告676

★文殊さんの桜、まだまだ蕾堅し!
★今朝も車多し!
★文殊さんのトイレ壊し開始!
★イースターエッグ、対策室がチラシ配付か・・?
★12/25の事故、検察は不起訴、青年にはそれを知らせず!!

本日2016年3/23(水)は、米軍基地工事開始から666日目(1年と308日)、レーダー搬入より519日目(1年と154日)、本格稼働454日目(1年と89日)でした。

今朝は曇り空でした。各地で桜の開花宣言がされているようですが、文殊さんの桜はまだまだ蕾が堅いです。

今朝も駐車場の車が多目でした(レベル2.5?)。海の向こうはどうだったでしょうか・・。

文殊さんのトイレの処分が始まりました。夕方には屋根の瓦が剥され、重機が来ていました。明日は一気に取り壊しか。

先日報告した3/27(日)の米軍主催「イースターエッグ」ですが、そのチラシを持って小学校を回っているのがどうも基地対策室のようだ、という情報が寄せられています。確認しますが、もしそれが本当ならいつから対策室は米軍の下請けになったかを問わねばなりません。事故の件では市民の側に立って何もせず、米軍のお手伝いだけは熱心にやるということなら、対策室設置の意味は何もありません。

3/17(水)に京都府議会の総務警察常人委員会がありました。
詳細はまた報告しますが、事故が検察に送致され検察が不起訴決定をしたことは間違いないということです。さらにその事は当事者である青年には知らされておらず、もし当事者の青年が問い合わせても答えないと交通部長さんが答えておられます。
これが住民泣き寝入り放置の実態です。警察は何のためにあるのか。

3/23(水)夜

Original post in Facebook