2016-04-15

文殊さん定期報告700

★やはり北に動き!
★自衛隊工事、敷地造成終了か・・?
★市長選、質問状への回答は三崎氏のみ!
★九州で大きな地震! 原発をなぜ止めない!!

本日2016年4/16(土)で、米軍基地工事開始から690日目(1年と325日)、レーダー搬入より543日目(1年と178日)、本格稼働478日目(1年と113日)に入りました。

昨日の報告が上げられなかったので、昨日の分も含めての報告です。
定期報告、700回となりました。

昨日は終日良い天気で、今朝もそれが続いています。文殊さんのサクラもほとんど散って新緑の葉ばかりとなってきました。

数日前から基地に集まる車が多いと報告してきましたが、昨日また北朝鮮に動きがあったのは報道の通りです。サミットに向け今の状態が続いていくのかも知れません。
今朝も土曜日の割には車が多いように思われました。

自衛隊工事は、敷地の造成工事がほぼ終了したような感じです。予定表ではダンプの出入りも昨日が最後となっています。建物の立つ西側一帯は整地されて事務所も撤去され重機もいなくなりました。

丹後の会が4/6付で出していた、市長選挙への公開質問状ですが、4/13の回答期限が過ぎて回答をいただいているのは三崎さんの方だけということです。内容、詳細は近々報告します。

皆さんご存知のように一昨日(4/14)の夜、九州熊本で大きな地震が起きました。強い余震が今も続いています。その状況下で震源地から100㎞少しの所にある鹿児島県川内原発は「異常なし」ということで動かされています。とんでもないことです。その立っている足下に「大きな異常」が起きているのです。まずは原子炉を止めて揺れが収まるのを待つというのが当たり前かつ最大の安全対策です。九州電力や国には住民の安全第一という発想が全く欠如しています。このことこそが一番の危険、異常です。

4/16(土)朝

Original post in Facebook