2016-04-23

文殊さん定期報告708

★穏やかな朝、いつもの基地!
★今日、市長選、市議選!! 何か起きるか・・!?
★中山氏へ丹後連絡会より問い合わせ(再質問)! 返答なし・・!
★昨日は京都で沖縄に連帯する集会、丹後からも報告!

本日2016年4/24(日)で、米軍基地工事開始から698日目(1年と333日)、レーダー搬入より551日目(1年と186日)、本格稼働486日目(1年と121日)に入りました。

昨日夕方から雨でしたが、今朝はやんでいます。
タニウツギ(谷卯木)が咲き始めました。

日曜日の基地は例によって最小限の人員という感じです。

今日は言わずと知れた市の選挙の投票日です。朝一で投票に行って米軍基地問題に触れた方々に一票を投じてきました。どういう結果になるのか、穏やかではいられません。
特に市長選、基地問題に関わってどちらになるかでけっこう大きな違いが出てきます。

丹後連絡会へ中山さんから質問状への回答が4/22(金)に届いたと昨日報告しましたが、その一番気になる事故対策の詳細について丹後連絡会は2点に限っての問い合わせ(再質問)を昨日行いました。
その回答と問い合わせの概要は、以下の通りです。

まず中山さんからの回答
ウ) 万一の事故時のおける不安解消には、
a) 例えば、運転時のレコーダーの設置が主体的に推奨される仕組み・環境を整備する。
b) 事故時の折衝等事故対応において必要に応じ法曹との連携を支援するなど地域側の相談体制の充実を積極的に検討する。
c) 日米地位協定の運用の改善を継続的に要請する((ア)損害賠償につき、保険を超える場合等における国家補償の適用について契約軍属の場合も適用があることの明確化、(イ)事件の場合を含め公務中における一次裁判権が日本側にない現在の運用の改善、等)を図ります。
このほか、安全・安心の課題については、その都度、万全な対策を全力で確保します。

次に丹後連絡会からの問い合わせ
具体策ウ)の不安解消のところですが、
①、a)にお書きいただいた「運転時のレコーダーの設置が主体的に推奨される仕組み」とはどのようなものをお考えですか、その内容を教えて下さい。
②、b)にお書きいただいた「必要に応じ法曹との連携を支援する」という「支援」の中身についてどのようなものをお考えですか、教えて下さい。
以上の2点について教えていただければ幸甚です。

この問い合わせは最初に向こうが指定してきた選挙事務所に電話でしたところ、改めて文書でしてくれと言われ、文書にして再度FAXで送ったということですが、結局昨日中には回答がなかったとのこと。答えるべき内容がなかったということなのか、それどころではなかったということなのか・・。

とにかく皆さん今日は選挙に行きましょう!

昨日(4/23)は京都市内(会場は同志社大学のその名も寒梅館)で沖縄に連帯する集会がありました。メインは沖縄からの伊波洋一さん(7月の参院選で例の自民党島尻さんと一騎打ちの予定)の講演でしたが、「憂う会」も丹後からの最新情勢を報告しました。沖縄も丹後も国も今大きく動いています。そんなことを改めて感じた集会でした。

4/24(日)朝

Original post in Facebook