2016-04-24

文殊さん定期報告709

★基地の騒音、ずっと元気!
★新市長、三崎さん! 中山さん落選!!
★新議員、共産党4名当選! 現勢を維持!!
★原点に返って、安全安心の具体的議論を!!

本日2016年4/25(月)で、米軍基地工事開始から699日目(1年と334日)、レーダー搬入より552日目(1年と187日)、本格稼働487日目(1年と122日)に入りました。

文殊さんは今朝も眩しい朝日です。

土曜日(4/22)北の方でまたいろいろやっていたようです。海の中は見えないのか、基地では目立つ動きがなかったように思います(思うだけです)。
そのこともあるのでしょう。発電機の音がこのところ全然低くなりません。
基地は変化なしです。

昨日の選挙、結果が出ました。
市長選は基地問題の不安解消を広報の筆頭に掲げた三崎さんが、現職の中山さんに約2700票の差で当選。市議選は、一貫して基地問題を追及してきた共産党の4名の皆さんが当選という結果でした。島津のシェネガ宿舎問題で利権を取りざたされた現職やその宿舎問題で何もされなかった地元の現職が落選したことも目を引きます。

市長選の結果は、あらゆる分野で強かった現職への批判が基地問題でトドメを刺されたという感じを受けます。
市議選にも基地問題が大きく反映されていると見て間違いありません。

新議会は、基地問題の原点、市民の安全安心の確保をどう具体化するかを根本から議論し直していただきたい。市民泣き寝入りの現実をどうするか、どうできるのか、これが新市長、新議会のまず最初の仕事です。基地問題に何も触れずに当選された議員の皆さんにはこれから猛勉強をしたいただかなければなりません。
基地対策特別委員会は当然ながら維持され、その議論の中心になっていただかなければなりません。新委員長人事が注目されます。

今回の選挙に結果を出すべく時間と資金とエネルギーをつぎ込まれた全ての皆さん、ごくろうさまでした。

京都3区では市民連合の推した民進党の泉氏が圧勝されましたが、北海道5区では野党共闘の池田まきさんが惜敗されて残念でした。

4/25(月)朝

Original post in Facebook