2016-05-05

文殊さん定期報告720

★「立夏」に入りました!
★本堂の修理進む!
★「彼らの飲酒運転はどうなるの?」
★府警さんには即答していただけず!!

本日2016年5/6(金)で、米軍基地工事開始から710日目(1年と345日)、レーダー搬入より563日目(1年と198日)、本格稼働498日目(1年と133日)に入りました。

昨日から立夏に入りました。暦の上ではもう夏ということで少しくらい暑いのは当然ということですね。今、日の出は5時過ぎ、6時前には田んぼの見回りに多くの人が出ています。田植え前後は水の回り具合が一番気になるところです。
七十二候では「蛙始めて鳴く」ということ、確かに蛙の声が聞こえ始めました。

文殊さんでは昨日から始まった回廊の鎧戸修理が進んでいました。柱の腐ったところに新しい柱が補強されつつあります。ほんとにボロボロに腐っています。
基地は発電機の音がやはり激しい。穴文殊上の喫煙所で一服している基地の皆さんの姿をこのところよく見かけます。一見のどかな感じです。

昨日、巡回の警察の方とお話をする事ができました。気になっていた米軍関係者の飲酒運転について、「彼らはあなた方が(飲酒運転を)見つけた場合どうなるのですか?」と聞くと、明確な答えは返って来ませんでした。「彼らは点数とかないんでしょ。気をつけてねという口頭注意くらいですか?」と聞いても口を濁して何も言われませんでした。
思えば警察の方からはこのあたりの扱いを明確に聞いたことがありません。いくら説明会を求めてもやらないし。「同等に扱う」という話は何度も聞かされましたが、そうではないことがたくさんあるのに何も言ってくれません。
ただ、昨日の方は誠実な方で次の機会にはしっかり説明してくれると約束してくれましたので、それに期待したいと思います。

5/6(金)朝

Original post in Facebook