2016-05-25

文殊さん定期報告739

★今日で丸2年! 
★日米政府、地位協定見直しは拒否!!
★三上監督、「6/4、行きまーす」!
★6/5は宇川に辺野古の山城さん!!

本日2016年5/26(木)で、米軍基地工事開始から730日目(2年)、レーダー搬入より583日目(1年と218日)、本格稼働518日目(1年と153日)に入りました。

今朝も曇り空ですが、気温は6時前に24度と生ぬるい風が吹いています。
今日で基地建設強行から丸2年となりました。
沖縄の状況を目の当たりにし、ここ宇川、京丹後の状況を思うと「憂い」は深くなるばかりです。

今日から始まる「伊勢志摩サミット」に備えての京都府警の文殊さん巡回は大変な状況となっています。とにかく何台もの警察の車が四六時中頻繁に文殊さんと基地周辺をウロウロしています。さらに宇川の各地にも入り込んで来ています。
ここの基地がテロや攻撃などにさらされることはないのだとの説明を何度も受けてきましたが、ならばこのような異常な警備は全く必要ありません。その危険があるからこそこうしてウロウロしておられるということです。

彼らが本来警備警戒すべきは基地の中の人達や基地外(この言葉最近物議をかもしていますが・・)に住む基地関係者です。その必要性を今回の沖縄の事件がいかんなく証明してくれています。

基地あるが故に、また繰り返された今回の沖縄の事件。基地の撤去以外に解決の道はありません。最低、米軍の特権を認めた日米地位協定の改善は即座になされなければなりません。しかし、日米政府はその要望を拒否しています。とんでもない話です。
前中山市長が国との10項目に書き込んだ「日米地位協定の絶えざる改善」を新市長は今こそ国へ強く求めなければなりません。

6/4(土)の「戦場ゆ止み」上映会は何とも大変な時期のイベントとなりました。三上智恵監督に、予定に無理はないですかとメールしたところ、「行きます。皆さんの力になりたい。」という力強い言葉を返していただきました。記念講演ではその沖縄の「今の今」と、この国の「今」を語っていただけると思っております。丹後はもう沖縄と何も変わりません。6/4はとにかくアグリセンターへ!
昨日その三上監督の「今の今の沖縄報告」をシェアしました。たまらない映像と言葉です。是非見て下さい。

映画翌日の6/5(日)の宇川の集会では、その沖縄の最前線に立つ山城博治さん(三上さんの映像にも登場)が来られます。更に更に熱いお話を聞かせていただけることでしょう。三上さんも出席されます。この日は米軍基地まで皆でいっしょに歩きましょう!

5/25(木)朝

Original post in Facebook