2016-05-26

文殊さん定期報告740

★基地建設強行、3年目に入りました! 
★宇川は美しい! 基地は醜い!!
★日々のお参りは外も内も撃ち続ける!

本日2016年5/27(金)で、米軍基地工事開始から732日目(2年と1日)、レーダー搬入より585日目(1年と220日)、本格稼働520日目(1年と155日)に入りました。日にちのカウントが閏月の1日を抜かしていたようでその分1日を加えました。

昨日は日も差さないのに30度まで気温が上り、雨も降らずで蒸し暑いこと限りない一日でした。今朝は霧雨の中、少し涼しくなりました。卯の花を道ばたに見かけました。

今日で米軍基地建設強行3年目に入りました。
毎朝のお参りを始めて2年経ったということです。
この2年、日々文殊さんに通う中で、この宇川の地の景色の見え方が変わってきました。50年以上住み続けていながら感じることのできなかったことを、少しずつ発見する2年であったように思います。

思うことは「人が生活の中で時間をかけてしっかり手をかけたものは美しい」ということです。田植えがすみ、補植がすみ、水の管理がなされ、畦がきれいに刈られた田んぼはこの上なく美しい。そういう景色が海や山や空や夕日朝日と一番しっくりと調和します。
その対局にあるのが力と金だけで作られた金網の中の米軍基地です。とても醜い。
また、植え付けられない田んぼ、荒れたままの田んぼ、原野や山に帰ってしまった田んぼや畑は痛ましい。

朝のお参りは外を撃つとともに内にも思いを向けることであるように思います。

サミットが始まりました。巡回の頻繁は変わりません。基地も変化なし(ビッグボールの前のコンテナ2つがいつの間にか無くなっていましたが・・。)自衛隊も動き無し。

沖縄の事件に関わって、「オバマ、謝罪せず。安倍、地位協定に触れず。」などという情けない状況です。

5/27(金)朝

Original post in Facebook