2016-06-15

文殊さん定期報告760

★今年は空梅雨か・・。
★参道のクロマツ、大丈夫か・・?
★基地対策特別委員会は10名!
★舛添さん、ようやく辞任!!

本日2016年6/16(木)で、米軍基地工事開始から752日目(2年と21日)、レーダー搬入より605日目(1年と240日)、本格稼働540日目(1年と175日)に入りました。

梅雨の曇り空が続いていますが、雨は降っていません。今年は空梅雨という感じがしてきました。温めの風が朝から吹いています。

今進んでいる文殊さん駐車場脇の「観光トイレ工事」ですが、今週はそれに関わる水道管の交換工事が行われています。その工事で貴重な参道のクロマツの根を切っているようです。相当太いものもあるようで、それでなくても立ち枯れを起こしやすい状況(いわゆる酸性雨も丹後半島は強いそうです)の中、とても心配になります。
言うまでも無くこの参道は貴重な京都府の自然景観の指定を受ける場所です。そうことが十分に認識してあらゆる工事をやらねばなりません。

基地は相変わらず激しい発電機の騒音の中で稼動しています。
自衛隊工事は掘り返す部分が増えて土の山が大きくなる一方です。

6/13に発足した市の基地対策特別委員会ですが、そのメンバー10名が分かりましたので報告しておきます。
委員長、由利敏雄(政友会、峰山町)
副委員町、櫻井祐策(新星会、丹後町)
委員、谷津伸幸(丹政会、網野町)、東田真希(丹政会、大宮町)、藤田太(政友会、弥栄町)、中野正五(新星会)、行待実(清和会、弥栄町)、吉岡豊和(無会派、弥栄町)、田中邦生(共産党、峰山町)、平林智江美(共産党、弥栄町) の各議員さんです。
新人の方も含めこの委員会は始めてという方が過半数を占めます。しっかり勉強をされて、市民の安全安心の確保を具体化するために頑張っていただきたい。

東京の騒動は知事辞任ということでようやく一区切りついたようです。自公に担がれた石原さん、猪瀬さん、舛添さんと似たような方がトップに立ち続け、それこそ都政を混乱させてきました。東京都民の皆さん、次の知事にはそういう世界と無縁の方を是非選んでいただきたい。

6/16(木)朝

Original post in Facebook