2016-06-19

文殊さん定期報告764

★沖縄では6万5000人!
★今日は「安安連」!!
★トイレ工事、基礎の木枠が外される!

本日2016年6/20(月)で、米軍基地工事開始から756日目(2年と25日)、レーダー搬入より609日目(1年と244日)、本格稼働544日目(1年と179日)に入りました。

昨夜雨が降って、今朝はその雨上がりです。
明日は夏至、もう1年の分岐点になりました。

沖縄の追悼大集会は65000人が集まり、米海兵隊の全面撤退を求める決議がなされたとのこと。全国各地でこの集会に連帯する取り組みが成功しています。

そんな中で、京丹後市では今日「安安連」の8回目です。交流ばかりが強調される「安安連」ですが、本来の「住民の安全安心の確保」の議論をより具体的にやっていただかなければなりません。住民代表の皆さんにはよりリアルな議論をお願いしたい。
前7回目の会合(今年3月)で、防衛局は昨年12月の網野の事故に際して「防衛局は適切な対応を行った」と公言していますが、肝心の被害者の青年がその防衛局の対応をどう感じているのか、という視点が全く欠落しています。その検証からしか、実のある安全安心対策は出て来ないと確信します。それをせずに同じ言葉を繰り返すなら、防衛省に安全安心を語る資格はありません。

文殊さんでは、トイレの工事が進んで建物の基礎の木枠が外されました。
基地は昨日報告したように洞窟上のブロックが無くなったのが目に見える変化ですが、得に変わりはありません。
昨日尾和と袖志の皆さんが境内の草刈りをされて、参道から境内全体がサッパリしました。

今週は木曜の23日から議会の一般質問も始まります。

6/20(月)朝

Original post in Facebook