2016-06-20

文殊さん定期報告765

★今年ももう夏至!
★「安安連」、何のためにあるのか!?

本日2016年6/21(火)で、米軍基地工事開始から757日目(2年と26日)、レーダー搬入より610日目(1年と245日)、本格稼働545日目(1年と180日)に入りました。

今日は夏至、丹後の日の出は4:40頃とのこと、あいにく梅雨の曇天で朝日は拝めませんでした。1年の季節は今日が折り返しです。

昨日あった8回目の「安安連」(市の米軍基地にかかわる安全安心連絡協議会)では、得に住民代表から厳しい意見が相次いだとのことです。詳しい報告は改めて行いますが、「この会議は一体何のための会議か? 防衛の一方的な説明ばっかりで具体的な安全安心対策がないではないか!」という声に象徴されるように、市民住民の側に立った本来の事が議論されていないではないかという本質的な問題が表に出てきています。
具体的な対策を求める声や、公表された市の施策への質問なども多く出されています。
防衛や米軍や警察がどんな報告をしたのか審らかではありませんが、それがこれまで通りの内容のないものであったからでしょう。沖縄が大変なことになっている中、不十分な対策しか示されないのでは当然のことです。当局の意識そのものが問われています。
議員の皆さんには、この語論を木曜からの一般質問にしっかり繋いでいただきたい。

基地は変わらず。トイレ関連の水道管工事が続いています。尾張小牧ナンバーの大きなタンクローリー(第4類16キロリットル)が文殊さんの駐車場に朝早く入ってきました。米軍の軽油の補給車ではないかと思われます。
自衛隊は鉄塔工事(25mのアンテナ2本)の基礎が始まるようです。

6/21(火)朝

Original post in Facebook