2016-07-02

文殊さん定期報告775

★今月の言葉、「ときめきが 花開く 道がある」!
★昨日、市内の若者が多数お参り!
★大村副市長退任! 「課題は残っている」!! 

本日2016年7/2(土)は、米軍基地工事開始から768日目(2年と37日)、レーダー搬より621日目(1年と256日)、本格稼働556日目(1年と191日)でした。

今日は朝から気温が高く、夕方に一時激しく降ったものの、暑い一日になりました。空はすっかり夏の感じになってきましたが、海の色はまだ重いです。

月が改まって、恒例の文殊さん今月の言葉が変わりました。
「ときめきが 花開く 道がある」。
先月の「喜びに酔わず 苦悩に逃げず 一期一会に感謝」から一歩進んだ感じかなと思ったり、文殊様から何かいいものをいただけるのかなと思ったり。若い人向けの言葉なのかな(縁結びの功徳?)と思ったりします。選挙の結果に出てくれると最高です。

その若い方々が、昨日は多くお参りに来られました。市内の某専門学校の皆さんで、府北部の研修・観光を兼ねて話題の穴文殊をということです。折から自衛隊の工事の最中でもあり、グルリ360度が軍事施設という府の景勝地の状況に「ええっー・・」という声を連発しておられました。
例の18歳以上選挙権で今回初めて選挙に行けるという皆さんがほとんどで、この実態を投票判断に生かしてほしいなぁと切に思います。

昨日の新聞には大村副市長が6月末で退任されたとの報道が出ていました。宇川の米軍基地に関し「まだ課題は残っている。地元には迷惑をかけた。」というコメントを寄せておられます。とにかく嬉しそうなお顔が印象的です。
「課題は残っている」などというようなレベルのものではなく(山積です)、思いはいろいろありますがご苦労様でした。当初からの重要な関係者がまた一人去られました。基地問題について、後任の梅田副市長にしっかり引き継ぎをされておられるのかも気になるところです。

7/2(土)夜

Original post in Facebook