2016-07-03

文殊さん定期報告776

★運転マナーがとても悪い!
★ドライブレコーダー、有効だが・・・。
★国道の草を刈れ!
★大阪公安不当詐欺事件、不起訴!

本日2016年7/3(日)は、米軍基地工事開始から769日目(2年と38日)、レーダー搬より622日目(1年と257日)、本格稼働557日目(1年と192日)でした。

今日は朝から重い空、午前中は雨が降り午後は上がったものの蒸し暑い一日でした。

基地は日曜日で最少人員、工事はお休み。例によって発電機の音のみ不気味に響いています。基地向かいの人家の壁には参議院選挙比例代表の自衛隊OB(当然自民党)の方のポスターが張られていました。

先週の議会一般質問の録画の一部を見ました。藤田議員が吉問題を取り上げておられたのは報告もしましたが、大村副市長とのやりとりの中にいくつか気になることがありました。

一つは、島津のシェネガ社の人達の自動車運転マナーです。あの宿舎の大きな駐車場を出たYナンバーの車がハナミズキ街道から弥栄方面へ右折する際一旦停止せず(標識あり)一気に突っ込んできて島津から弥栄方面に走っていた車が衝突しそうになったという例を議員が紹介されていました。ここの三叉路はこれまでからそういうことがあると聞いていましたが、やはりそうなのかと認識を新たにしました。
ここのシェネガの人の運転マナーについては、追い越し禁止の所で普通のスピードで走っているのに後ろにベタ付きされて道を譲ったらすこいスピードで追い越していった(とても怖かった)という例もごく最近聞いています。

交通安全講習を重ねているとか安全ポイントマップを配っているとか安全運転対策は万全のごときことを当局は相変わらず言っていますが、実態はそうなっていないということです。シェネガ前の三叉路には信号が必要ですが、その前にあの場所に大きな「STOP!」の看板を早急に設置しないといけません。

大村副市長は、藤田議員から質問のあったドライブレコーダーの購入支援の件について、その有効性は認めた上で、重ねての交通安全教室や防衛の監視活動、その上に今回の弁護士支援措置など田の自治体がやってない事をいくつもやっているので、さらにそれ以上のことは・・、と渋った返答をされていました。
安全教室や監視活動をやっていても12/25の事故は起きたし、弁護士の措置も12/25の被害者には何の益もないということをどのように考えておられるのか。そこのところが更に問われるべきであったと思います。次の悲惨な出来事が起きるまで分からないということでは話になりません。

先日も書きましたが、国道178号線の草が伸びて特に平から此代に掛けての海岸線がとても視界が悪くなっています。米軍関係車や工事関係車も多くとても危険です。早急に草刈りをしていただきたい。毎年のことなのにどうして夏場の草刈りの回数を増やせないのか、当局の怠慢と言わざるを得ません。

5月19日に大阪府警公安三課によって会議室予約の詐欺行為を理由に不当逮捕された件ですが、6/29に大阪地検は不起訴処分としたとのことです。処分理由は「被害軽微」とのことですが、要するに世間に公にできるものではない(公安による詐欺行為の捏造は明か)、ということでしょう。事件当初から一貫してその不当性を指摘し公然と弾圧と闘った方々の勝利だと思います。関係の皆さんに敬意を表します。

それにしても詐欺に問われるべきはこの国のトップ、その違法性は計り知れない。警察・検察はそういう「巨悪」にこそ挑む使命があるのです。
下々を虐めて禄を食むなど最低のことです。

7/3(日)夜

Original post in Facebook