2016-07-10

文殊さん定期報告784

★梅雨明けはまだ。
★参院選、厳しい中にも光あり!
★福山さんには安全対策の具体化を!

本日2016年7/11(月)で、米軍基地工事開始から777日目(2年と46日)、レーダー搬入より630日目(1年と265日)、本格稼働565日目(1年と200日)に入りました。

今朝も眩しい朝日になりました。しかし、丹後の梅雨明けはまだです。湿気が全然抜けません。

宇川の田んぼは中干しを終え、出穂前の肥料(補肥とか穂出し肥と言います)をやる時期に入ってきました。どの田でも稲の株が太く丈高くなってきました。

参議院選挙、結果が出ました。予想どおり自公が強く総合的にはその勝利と言わざるを得ない状況です。一方で、私たちのこれからにつながる結果も出ています。先ずは改憲3分の2を何とか阻止したこと(与党レベルで)、野党統一で11の一人区で勝ったこと、沖縄では現職の大臣を大差で破り(伊波さんおめでとう)改めて米軍ノーの意思をしっかりと示したこと、共産党の議席が倍増したことなどです。沖縄選出の現職国会議員は一人もいなくなりました。

そして忘れてならないのは、勝った与党が選挙戦で憲法、原発、辺野古、TPPを全く口にしなかったということです。それを口にすれば負けることが分かっていたから口にできなかったということです。私たち国民が言わせなかったということでもあります。だから今後言いもしなかったことを勝手に進めることは容易にはできないということです。

京都選挙区ではこれもマスコミの予想どおり自民の二之湯さんと民進の福山さんが当選されました(共産の大河原さんは善戦も及ばず)。民進の福山さんは日米同盟の深化を公約に書き米軍基地については推進の立場ということですが、京都の基地問題については「安全の確保」ということを社民党さんと協定されました。そのことを国レベルでしっかり具体化していただかなければなりません。

54.7%という投票率の低さや今回選挙権を得た18、19歳の動向など気になる事がまだまだあります。今回の選挙の様々な事をしっかり分析して今後の取り組みにつなげていきましょう。

基地の様子は変わりません。発電機もサイトも相変わらずうるさいです。
自衛隊の工事はますます大がかりになってきています。
夏本番という感じになってきましたが、お参りを続けます。

7/11(月)朝

Original post in Facebook