2016-07-20

文殊さん定期報告793

★爽やかな一日でした。
★電柱には3万ボルト、ここからも電磁波が・・!
★基地用地拡大の話が出ています!!

本日2016年7/20(水)は、米軍基地工事開始から786日目(2年と55日)、レーダー搬入より639日目(1年と274日)、本格稼働574日目(1年と209日)でした。

梅雨明けということで、確かに今日は湿気が少し抜けた感じがしました。でも涼しくて真夏という感じからは遠い一日でした。
夕方の文殊さんではツクツクボウシが盛んに鳴いて初秋かと思うような風情でした。

昨日北がまたミサイルを打ったとのこと、指摘していた通り韓国のサード基地への反発が将軍の冒険主義に火を付けた感があります。昨日の朝の車の多さも関係があったのかも知れません。見慣れないわナンバーが数台来ています。
また、昨日より米軍の専用車両(ナンバーがアルファベットと数字だけ)が複数来ています。いずれも外の動きと連動しているように思われます。

発電機の騒音を抑えるために関電の商業電力を2018年度中には基地に引き込むという予定を何度も報告してきました。そのことも含めて電柱の立て替え工事が今宇川では盛んにやられています。古い電柱と新しい電柱の混在している状況があちこちに見られます。
ところで、Xバンドレーダーを動かすにはどの程度の電力が必要か? 3万ボルト以上だそうです。大変な高圧電線です。当然電線から出る電磁波の問題が出てきます(電線は人家の上や近隣を通っています)し、電線下の電磁波被害補償とか、固定資産税の減額というようなことも当然起こってきます。
ところがこの件はこれまで一切議論されたことがありません。一体どうなっているのか、当局へ聞いてみなければなりません。

最近基地の東側に隣接する平和菜園のあたりの土地を、防衛局が欲しがって地権者の方の所へ何度も足を運んでいると聞きます。なんでも米軍が欲しがっているから「お金で何とかならないか」とのことだそうです。
例の桝賀氏が責任者の頃に、そういう予定があるのかと質問したら「そんな事はない」と公言されましたが、どうもそれが変化してきた(やっぱりウソだった・・?)ようです。
菜園の土地も欲しいということらしいです(直接の話はまだなし)。
当然ながら私たちはそんな話に乗る気はサラサラありません。また、菜園の土地が使えない限り他の土地も活用も実質的に難しいでしょう。
だいたい、この平和菜園に壊れたフェンスを一月も放置しておきながら一言の謝罪も挨拶もないような非常識な方々にそのような話をしに来る資格はありません。

7/20(水)夜

Original post in Facebook