2016-07-24

文殊さん定期報告797

★今年も自衛隊のヘリコプター試乗会!
★レーダーサイトのランプは消えていたが・・?
★軍事施設は癌細胞、増殖するし転移する!!

本日2016年7/24(日)は、米軍基地工事開始から790日目(2年と59日)、レーダー搬入より643日目(1年と278日)、本格稼働578日目(1年と213日)でした。

今日も夏の一日でした。
日曜日ということで自衛隊工事もお休み、基地は最少人員ということです。

ところが、自衛隊の基地はあるイベントで大忙しでした。
それは毎年この時期に行っている航空自衛隊のヘリコプター試乗会があったからです。前もって申し込んていた一般の人が自衛隊の大型ヘリに乗って丹後半島空からの遊覧を10分ほどという企画です。宇川地域には各区何人という配分があって希望者を募っています。
報告者は昨年申し込みましたが、すでに予約済みで実現せず。今回は他のどうしても外せない用件と重なって申し込めずということでした。

ただ、その1回目が離陸する直前まで近くで見ていました。
米軍基地の海側はレーダーの電磁波の関係で半径6㎞高さ6㎞が飛行制限区域となっています。試乗ヘリは当然ながらこの空域を飛びます。それでその間はレーダーを停波するということになっています。
昨年防衛の現地連絡所に確認したら、「そうしていただいているはずです」ということでした。ほんとうにとうなのか、確認のため文殊さんに行くと、発電機もレーダーサイトからの音もしていました。停波していたのかどうかは分かりませんが、そういうことでした。

今日の状況ですが、やはり昨年と同じように発電機もサイトも音が続いていました。ただ、サイト前の電柱の赤いランプ(昨年は無かった)は消えていました。このランプがレーダー稼動のランプと言われていますので、停波されていたのかなと思ったりもしますが確認の方法がありません(このところちょくちょく消えています)。そんな状況の中でのヘリ試乗イベントでした。
最近、自衛隊は大っぴらにいろんなことをやられます。特に昨年の政府の安保法制強行以後その傾向に拍車がかかっています。

自衛隊の工事、やはり何度か計画変更がされているという話を地権者の方から聞きました(具体的なことは分からず、「安安連」では何か説明があったのかもしれません・・)。

6/4に来られた三上智恵さん(今高江で大変な状況・・)がいみじくも「基地は癌細胞だ。必ず増殖するし、転移する。」と行っておられました。その言葉を聞いて二月立経たない間にまさにその通りの事が起きています。沖縄高江の暴挙、韓国星州のサード基地、経ヶ岬では米軍基地拡大の動きと自衛隊基地の計画変更、そこに共通することは住民に何の説明もなく軍事強化が進んでいるということです。
このようなことを続けさせるわけにはいきません。

東京の知事選挙、程度の低い攻撃を逆に追風にして(あんなことやあんな方法しか彼らには武器がないという証拠)鳥越さんを勝たせ、ヤバい動きにブレーキをかけましょう!

7/24(日)夜

Original post in Facebook