2016-08-02

文殊さん定期報告806

★今月の言葉、「身をけずり・・・」! 
★自衛隊工事、どんどん進む!
★韓国からの取材、8社目!!
★8/4(木)は「陳情Ⅳ」、趣旨説明!

本日2016年8/2(火)は、米軍基地工事開始から799日目(2年と68日)、レーダー搬入より652日目(1年と287日)、本格稼働587日目(1年と222日)でした。

夏本番とは言え、朝は割と涼しい日が続いています。
田んぼの稲穂がよく分かるようになってきました。

文殊さんの今月の言葉が、変わりました。
「身をけずり 人につくさん すりこぎの その味しれる 人ぞとうとし」という一首です。
「すりこぎ」でなく、「その味知れる人」に価値を見いだす視点がいいなと思います。

基地は洞窟上の例のコンクリート枠が日々変化しています。駐車場の車が比較的多いよう
思います。
自衛隊の工事は日々目に見えて進行しています。隊庁舎の基礎はコンクリート枠の間にもコンクリートが敷かれ、大きな長方形の窪みができました。2つ目のアンテナ鉄塔の鉄筋組も進んできました。

今日も韓国からテレビの取材がありました。韓国星州のサードミサイル基地予定地では連日地元の人の集会が行われているとのことです。この地域は政治的には朴大統領の本貫地で極めて保守的な(現大統領支持派が86%)地域ですが、その政府に裏切られたという感情がとても強く、それが大きな反対の声の背景になっているということです。その事が逆に外部勢力の運動介入を嫌う雰囲気も作っていて、単純に国境を越えての連帯をとは行かないとも言われています。
韓国現地の方への言葉をいただけませんかと言われて、彼我の運動の圧倒的な大きさの違いを前に私たちに言えることがあるのかとも思いましたが、同じ現地の人間として「国やアメリカがどう言おうと、嫌なものはノーと言い続けることが大事だと思います」とコメントしました。

明後日(8/4(木))はいよいよ「陳情Ⅳ」の趣旨説明です。一つ一つの事実に基づいて、ダメなものはダメと言わねばなりません。

8/2(火)夜

Original post in Facebook