2016-08-05

文殊さん定期報告809

★連日の猛暑です! 
★京都弁護士会、沖縄弁護士会に講師依頼中・・!
★二期工事、まだ何も聞いてない!
★「平和のための戦争展」開催中!!

本日2016年8/5(金)は、米軍基地工事開始から802日目(2年と71日)、レーダー搬入より655日目(1年と290日)、本格稼働590日目(1年と225日)でした。

今日も暑い暑い一日でした。
基地はいつもの通り、自衛隊工事はこの炎天下でもバンバン進められています。

今、宇川地域はこの自衛隊工事関係の車両、あちこちでやられている国道の工事、電柱の架け替え工事、やたらに見かけるYナンバー、海の観光客などほんとうにバタバタしてやかましく危険な状況です。この上に秋から米軍の二期工事が始まります。

今日は議員懇談会の二日目で「憂う会」のメンバーは当然ながら丹後町の会場(竹野住民センター)に参加しました。
高校再編問題、竹野地域の状況、空屋対策、地域活性化問題、宇川診療所問題などいろいろと出されましたが、基地問題にも当然時間が費やされました。
出席された議員さんに基地対策特別委員会のメンバーが4人(由利、田中、東田、藤田の各氏)もおられ、昨日の陳情趣旨説明と重なる内容も多くありましたが、当該地位の問題として改めて要望事項を上げました。市の新対策の不十分さと更なる対策の必要、電線3万ボルトの問題、宇川地域の安全対策、警察の情報が何もないこと、経ヶ岬の軍事的脅威の拡大、改めての説明会の開催などです。
それに対し、特別委員会の由利委員長から、
① 弁護士の関係を確認したところ、京都弁護士会が沖縄弁護士会に講師を依頼しているがどそれが手間取って遅れている。
② 3万ボルト電線の件は安全安心に大きく関わるので今後しっかり取り上げていきたい。
③ 米軍の二期工事の予定はどうなっているのか、早く予定表を出せと現地連絡所に問い合わせると、まだ何も連絡がないということであった。
などの報告がありました。とにかくしっかりやっていただくよう要請しました。

オリンピックで浮かれ気味ですが、明日は広島の日です。
沖縄高江の状況も変わっていません。

今峰山の農民連(駅裏通りのファミマの向かい)で「戦争展」が開催されています。7日の日曜日までです。戦争中大宮町にあった飛行場と峰山航空隊関係の展示が一際目を引きました。現在の問題として、宇川の米軍基地コーナーもありこの3年5ヶ月の経過がパネルで紹介されています。可能な方は是非覗いて下さい。

8/5(金)夜

Original post in Facebook