2016-08-11

文殊さん定期報告815

★今日は「山の日」。 自衛隊工事は祝日なし!
★電線談義、様々なウワサが・・!?
★「基地対策室」、副市長との話の場を調整中!

本日2016年8/11(木)は、米軍基地工事開始から808日目(2年と77日)、レーダー搬入より661日目(1年と296日)、本格稼働596日目(1年と231日)でした。

今日は今年からの祝日の「山の日」で一応はお休みの日でした。暑さの中に涼しい風の吹く一日で、盆前ということもあって、基地前の袖志の墓地には墓参りの人達が三々五々訪れていました。

芳名帳が新しくなりました、38号です。
基地の様子は変わりません。本堂裏に設置された例のコンテナですが、単なる倉庫ではないような感じです。ひょっとしたら武器庫かもという声も聞かれます。この場所でなければならない理由があると思われます。

自衛隊の工事は祝日もなく続けられていました。ここの工事については最初の約束に休日は日曜だけと書かれていたように記憶していますが、盆休みも3日間のみでとてもハードなスケジュールです。労働環境の面からも交通関係の影響からも、祝日は休みにされるべきだと思います。
因みに米軍一期工事は祝日も休みでした。途中から無視されるようになりましたが・・。

先日来、基地へ引かれる電線の電圧問題をとりあげています。今立てているコンクリートの電柱では6600ボルトがせいぜいという情報がメインです。今も一番上に通っている3本の電線がその6600ボルトの線ということです。
現在の基地の発電機は1台が850㎾、それが通常2台稼動で1700㎾とのこと、万を超す高圧電線は必要ないのではというご意見が多いです。㎾とボルトの関係は全くの門外漢でよく分かりませんが、そういうことです。
昨日聞いたあるウワサでは、尾和の外れに変電所を作ってそこで6600ボルトを3万3000ボルトまで上げるらしいというのがありました(ほんとなら大変な電磁波です)。また、伊根町の変電所まで3万3000ボルトの線が来ているので、少し伸ばせばそれもありうるかもという情報もあります。

どちらにしても、当局より公式の詳しい説明を早急に聞かせていただかなければ宇川住民の不安は増すばかりです。

「基地対策室」へ「憂う会」から三崎市長へ6月に出した要望書の回答を求めています。市長が無理ならせめて新しく担当になった梅田新副市長と話をさせて欲しい、私たちは新副市長の顔をまだ見たこともなく先ずは挨拶をさせて欲しいと申し入れています。その方向で調整したいという返事はもらっていますので、早急に実現していただきたい。その時には電線問題の情報も得られるのではないかと思ったりもしています。

盆が近づいてきました。
昨夜、報告者は区の盆踊りの練習(昔からの歌を歌って踊ったりもします)に行ってしっかりいただき、報告が今日の朝となりました。今後もそういうことがありそうです。

8/11(木)夜

Original post in Facebook