2016-08-15

文殊さん定期報告819

★71回目の戦没者慰霊日でした!

本日2016年8/15(月)は、米軍基地工事開始から812日目(2年と81日)、レーダー搬入より665日目(1年と300日)、本格稼働600日目(1年と235日)でした。
報告が遅れましたが、昨日のものを上げておきます。

今日は盆の最終日(夕方の墓参りに送り火を焚きます)、71回目の戦没者慰霊の日でした。
この日を政府は「終戦記念日」としてきましたが、「敗戦記念日」と呼ぶ人が増えてきたように思います。
71年経って、この国の特に軍事と政治のおかしさが正面から議論されるようになってきました。「敗戦」を「終戦」と言い換えて、その負けの責任を取ってこなかったが故に今の惨状がある、このことを精算しない限りこの国は立ち上がれないということが言われます。この見解に賛同します。

その最前線が在日米軍基地です。こともあろうに日本政府自身がその主権を放棄し、主権者である国民の意思を無視して米軍基地作りに躍起となっています。
その重要な最前線の一つが宇川の米軍基地です。
穴文殊入り口の26基の袖志の戦没者の墓に合掌しながら、その思いを今年も噛みしめています。

基地の様子は変わりません。

8/15(月)夜

Original post in Facebook