2016-09-20

文殊さん定期報告853

★今日は一日大雨洪水警報!
★宇川下流地域に避難準備指示!!
★今日午後、米軍射撃訓練の件で市へ要望書を提出!! その全文を報告!!

本日2016年9/20(火)は、米軍基地工事開始から848日目(2年と117日)、レーダー搬入より701日目(1年と336日)、本格稼働636日目(1年と271日)でした。

今日は予想通りの大雨洪水警報(警報発令は朝のお参りの最中)でした。丹後の各地域では川の増水で避難準備の地域が多発。久美浜の一部には避難勧告も出されました。
宇川(宇川地区の名称の元になっている川の宇川)の下流域では水位が洪水発生の250㎝にあと40㎝(上昇210㎝)という所まで迫って、平地区の一部に避難準備の指示が出されました。幸いに夕方には水位が下がって大事には至りませんでしたが、この秋最大の雨となりました。

海は大荒れ、風もキツい中、米軍基地の発電機はそれらの音に負けないうるささでした。
そんな警報下、自衛隊の工事はやられていたようです。
朝、道の駅てんきてんきの駐車場に大きな丸い物を乗せた関東ナンバーのトレーラーが3台駐まっていましたが、ひょっとしたら自衛隊の工事の関係かも知れません。

そんな状況の中でしたが、今日予定通り福知山でのシェネガ警備員の射撃訓練に抗議し派中止を求める「憂う会」と「丹後連絡会」の要望書を市に提出しました。
警報騒ぎの混乱の中で市長や副市長は無理とのことで秘書課長さんに趣旨を言って「憂う会」代表の三野より手渡しました。緊急災害時の作業服を着た秘書課長さんは丁寧に対応され、市長にしっかり渡しますとのことだったそうです。
以下その「要望書」の本文全部を上げます。

平成28年9月20日
京丹後市長
 三崎 政直 様
米軍基地建設反対丹後連絡会  
米軍基地建設を憂う宇川有志の会

福知山陸上自衛隊における経ヶ岬米軍基地軍人軍属の実弾射撃訓練計画に抗議し、中止を求める要望書

 去る9月16日、本市丹後町宇川地区に一昨年建設された経ヶ岬米軍Xバンドレーダー基地の軍人軍属が、陸上自衛隊福知山駐屯地で警備のための実弾射撃訓練を行う計画が進められているということがに明らかになりました。
 このことは、当該の福知山市のみならず、私たち京丹後市民の安全・安心に関わる重大な問題であり、ひいては我が国全体が在日米軍に恣意的に利用されるという国家の主権にもかかわる事態につながります。

 報道によると、米経ヶ岬通信所の警備軍属(民間軍事会社シェネガ社の社員)は義務づけられている実弾射撃訓練をこれまで静岡県の陸上自衛隊東富士演習場で行ってきたが、丹後から東富士までの移動距離が遠く、その間警備が手薄になる恐れが出てきたため、距離の近い福知山でそれをやりたいと、近畿中部防衛局が京都府に連絡してきたということです。
 そもそも陸上自衛隊福知山駐屯地は、日米地位協定に基づく日米共同使用の場所とはなっておらず、広大な原野の中にある東富士演習場とは全く違って周辺に一般の人が多数居住する市の中心部近郊にあります。
 そのような場所へ米軍人軍属が経ヶ岬から日常的に通い、ライフル(M16A1)を持ち込んで実弾射撃訓練をするなど、丹後地域全体の平穏な住民生活を脅かすトンデモナイことです。市長の案じてこられた市民の新たな不安がまた上積みされることになります。

 経ヶ岬の米軍基地建設に当たって、防衛局は「この基地が軍事的脅威に晒されることはあり得ない」と繰り返して説明し、2014年9月に警備軍属が配備について以来2年間何の支障もなく警備活動は行われてきました。それが突然に「手薄になる」とは、どういう状況の変化があったのか、私たちには何も知らされていません。また「手薄になる」なら人員を増やせばいいだけのことです。

 現在でも当初の約束を守らず市内での恣意的な行動の目立つ米軍関係者が、この件を機に益々勝手な行動を拡大することは想像に難くありません。また、米軍の求めることに唯々諾々と一方的に従う政府の姿勢には大きな疑問と不信を感じます。主権国家日本はいつから米国の下請け国家になったのか。

 以上のような理由から、私たちは陸上自衛隊福知山駐屯地での米軍人軍属の実弾射撃訓練計画に強く抗議し、その中止を求めます。

 京丹後市長には、米軍基地を抱える自治体として、市民の安全・安心を確保するため主体性を持って以下の事項を実行していただきたい。

1,今回の福知山における米軍人軍属の実弾射撃訓練計画について、市はこれまでどのような説明を受け、それに対してどのような対応をしてきたのか明らかにしていただきたい。
2,射撃訓練場の変更理由は米軍内部の対応で十分にクリアーできる、その旨米軍基地司令官へ直接申し入れていただきたい。
3,市民の安全・安心を守る立場から、この計画の中止を国と米軍へ強く申し入れていただきたい。 以上

市民の安全・安心を第一の使命とする市長さんには早急で具体的な行動と市民への経過の説明を重ねて求めます。

その渦中の陸上自衛隊福知山駐屯地の射撃訓練場を共産党の議員さん方が視察された写真もシェアさせていただきます。

9/20(火)夜

Original post in Facebook