2016-09-23

文殊さん定期報告856

★謎のコンテナ、やはり「トイレ」だった!!
★米軍は地元民の霊場を汚物で汚すのか・・!
★自衛隊工事、新隊舎の巨大足場出現!

本日2016年9/23(金)は、米軍基地工事開始から851日目(2年と120日)、レーダー搬入より704日目(1年と339日)、本格稼働639日目(1年と274日)でした。

今日は朝重かった空が午後からは晴れました。久しぶりの大きな青空を拝ませていただきました。長雨で、本堂裏の金網沿い(内側にも外側にも)にたくさんのキノコが生えています。こんなことはこの2年半ほどの中で初めてです。

文殊さんですが、洞穴上の米軍の緑のコンテナは、やっぱりトイレでした。

旧宇中(宇川中学校)の防衛現地連絡所に聞いたところ、サブの方(所長さんは不在)が「仮設トイレ」だと聞いたことがある(いつだったかは思い出せないが・・)というご返答でした。「それを聞いたとき、それはヤバいとか何も思われなかったのか?」、「どうしてあの場所なのか?」、「その排泄物の処理はどうしているのか?」という質問をしたところ、一つ目には返答なし、二つ目と三つ目には聞いてみますという言葉が返ってきただけでした。
「現地連絡所」の隣の市の「基地対策室」に聞くと、「何も聞いてません。始めて聞く話です。」との室長さんのお言葉でした。こんなことは現地住民として耐えられない。事実関係を調べて宇川の関係者と市のトップへまず情報を知らせてほしい(最低それくらいしないと・・)と強く依頼をしておきました。

あの場所へのトイレ設置、これは地元住民が何百年来心のよりどころとして大切にしてきた霊場を汚物で汚すということなのです。許されることではありません。

自衛隊の工事、新隊舎の大きくて高い足場が組まれてきました。
その一方で、工事予定表がどういうわけかなくなってしまいました。担当者の怠慢だと思われますが、理由は分かりません。いつまでこうしておくのか・・?

9/23(金)夜

Original post in Facebook